WiMAXのWX06はおすすめ?WX06の特徴や他のWiMAX機種との比較をご紹介!

WiMAXのWX06はおすすめ?WX06の特徴や他のWiMAX機種との比較をご紹介!
WiMAXのWX06はおすすめ?WX06の特徴や他のWiMAX機種との比較をご紹介!

WiMAXのWX06はおすすめ?WX06の特徴や他のWiMAX機種との比較をご紹介!

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。

WiMAXで利用する端末をWX06にするか迷っているみなさん、こんにちは!

せっかく契約するなら、損が無く使い勝手の良い方法で利用したいところです。

今回の記事では、様々な端末がある中でなぜWX06がオススメなのか、契約する時のおすすめなプロバイダについても比較していきます。

では詳しく見ていきましょう。

WiMAXを選ぶ際、料金面を重視したい方は、高額キャッシュバックで実質料金負担を軽減できるGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・31,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

WiMAXのWX06の新機能

wx06の画像

WiMAXのモバイルルーターのWX06の新機能を4つ紹介します。

アール教授
WiMAXの最新機種のWX06の新機能は?

バンドステアリング機能

wx06特徴画像

周波数帯 特徴
2.4GHz帯
wifiテーブル
・壁などの障害物に強い
・各Wi-Fi端末に対応している
・他の電子機器と電波干渉しやすい
5GHz帯
Wi-Fi
・通信速度が速い
・通信が安定している
・壁などの障害物に弱い
・距離が遠いと電波が届きにくい

WiMAXのWX06の新機能であるバンドステアリング機能では、2.4GHzと5GHzの切り替え不要で同時通信ができるので、安定した通信サービスを利用することができます。

2.4GHz帯と5GHz帯はどちらも異なるメリットがあるので、同時通信が可能になることによって2.4GHz帯と5GHz帯のいいとこどりをすることができます。

QRコードでのWi-Fi接続に対応

wx06QRコード画像
WiMAXのWX06では、WiFi QRコードを表示する機能が搭載されているので、スマートフォンやタブレットの場合は標準カメラで読み取るだけで簡単に接続することができます。

WiFi QRコードの読み取り機能は、iOSは11.0以降、iPadOSは13.0以降、Androidは10以降でしか対応していないので、古いバージョンの端末を利用している方は注意が必要です。

データ通信量が確認しやすい

wx06画像
WiMAXのWX06では、ホーム画面で3日間の日次データ通信量とハイスピードプラスエリアモードでの月次データ通信量を数字とグラフで同時に分かりやすく表示してくれます。

ホーム画面で日次と月次のデータ使用量を一目で確認することができるので、通信制限にならないようにデータ使用量を気にしながら利用することができます。

Wウイングアンテナ搭載クレードル

クレードル画像
WiMAXのWX06には、WウイングアンテナとTX Beam Formingという集中して電波を送ることで、電波を安定させる機能が搭載された専用クレードルがあります。

Wウイングアンテナ搭載のクレードルを装着すれば、部屋の隅々まで安定した電波が届くので、どこでも快適な通信サービスを利用することができます。

Point

2.4GHz帯と5GHz帯の同時通信可能

QRコードの読み取りで簡単に接続可能

専用クレードルで安定した通信が可能

WiMAX最新機種WX06と他機種ならどれがおすすめなの?

男性(疑問)

アール教授
WiMAX最新機種のWX06と他機種ならどれがおすすめ?

WiMAX機種の比較

比較の画像

機種の種類 WX06
W0X6の画像
W06
端末ルーターW06の画像
WX05
端末ルーターW0X5の画像
発売日 2020年 2019年 2018年
下り最大
通信速度
440Mbps 1.2Gbps 440Mbps
上り最大
通信速度
75Mbps 75Mbps 75Mbps
連続通信時間 約14時間 約9時間 約8.1時間
重さ 約127g 約125g 約128g
クレードル 有り 無し 有り

WiMAXの機種を比較してみると、どの機種にもそれぞれ異なるメリットがあるので、パッと見ただけではどの機種が自分に合っているのか分かりません。

それぞれの端末のスペックを見てみると、下り最大速度はW06が1.2Gbpsとギガビット級通信が可能で優れていますが、それ以外はWXシリーズの方が優れています。

WX06とWX05を比較してみると、連続通信時間はWX06の方が約6時間長いので、WX06が1番おすすめとなっています。

最新機種とそれぞれの比較

比較の画像
最新機種とその他の機種を比較すると、それぞれの機種にどんなスペックが備わっているのかという特徴が分かりやすくなります。

最新機種のWX06と、WX05やW06の特徴の違いを比較して紹介します。

wx06とwx05の特徴の違い

メリットとデメリット
WX06とWX05を比較してみると、下り最大速度は同じですが、先程紹介したWX06の新機能、周波数帯の切り替えが可能なバンドステアリング機能はWX05には搭載されていないです。

WX06とWX05を比較した場合は、ハイスピードモードの連続通信時間などの全てのスペックにおいてWX06の方が優れているので、WX06の方がおすすめです。

wx06とw06の特徴の違い

紹介
WX06とW06を比較してみると、通信速度はW06の方が断然速いですが、ハイスピードモード連続通信時間はWX06の方が圧倒的に優れています。

先程紹介したWX06の便利機能はW06には搭載されておらず、W06にはクレードルがなく安定した通信という点では劣るので、WX06の方が下り最大速度以外の点で優れています。

目的に合わせて端末を選ぼう

スーツの男性
WX06がスペックにおいて1番優れていますが、目的によって自分に合った機種を選ぶことで、快適な通信サービスを利用することができます。

WiMAXの重要視する目的別のおすすめの機種を紹介します。

通信速度ならw06

w06画像
通信速度で選ぶなら、WiMAXの機種の中で唯一下り最大1.2Gbpsのギガビット級通信が可能なW06が1番おすすめとなっています。

W06は高速通信が可能ではありますが、専用クレードルがないので、専用クレードルを利用した他の機種に比べると通信サービスが不安定となってしまうので注意が必要です。

バッテリー重視ならwx06

wx06の画像
バッテリー重要で選ぶなら、ハイスピードモード連続通信時間が約11時間30分と約半日間充電不要なWX06がおすすめです。

通信速度はW06よりも遅くなってしまいますが、それ以外のスペックではWX06が1番優れているので、1番おすすめの機種となっています。

有線LANを使うならWX06

LANケーブルの画像
有線LANを使用する場合には、クレードルを使用するので、同時接続台数が16台と1番接続台数が多く一度に同時に利用することができるWX06がおすすめです。

WX06には有線LANを使う場合のクレードル使用以外にもさまざまな便利機能が備わっているので、特におすすめの機種となっています。

Point

通信速度で選ぶならW06

バッテリーや有線LANで選ぶならWX06

WX05はあまりおすすめできない

WiMAXのWX06におすすめなモバイルWi-Fi

紹介する女性

WiMAXのWX06を取り扱っているおすすめのモバイルWiFi3社を紹介します。

アール教授
WiMAXのWX06を取り扱っているおすすめのモバイルWiFiは?

モバイルWiFiの料金を比較

月額(お金)

モバイル
Wi-Fi名
月額料金 特典
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
~4,263円 ・端末代金無料
・高額キャッシュバック
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
~4,011円 ・端末代金無料
・初期費用無料
・乗り換え違約金負担
・キャッシュバック
(新規2台同時申込)
ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
~3,100円 ・端末代金無料

注¹:表示価格・内容は2020年4月8日現在の情報
注²:キャンペーン内容は申込ページによって異なる

プロバイダの料金を比較すると、月額料金が高いプロバイダは、高額キャッシュバックキャンペーンや特典で実質費用を抑えてお得に利用することができることが多いです。

月額料金が安いプロバイダはキャッシュバックや特典がないので、実質費用を抑えてお得に利用したい方は月額料金が高くても高額キャッシュバックがあるものをおすすめします。

実質費用を抑えることができる高額キャッシュバックは、手続きが面倒な場合や受け取ることができる期間が遅い場合があるので、しっかりと検討する必要があります。

高額キャッシュバックならGMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAXのMB画像

    特徴①高額キャッシュバック
    特徴②実質料金が安い
    特徴③最短即日発送

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックキャンペーンを実施しており、最新端末を含む全ての端末の代金に相当する額のキャッシュバックで実質費用を抑えることができます。

GMOとくとくBBは月額料金が安く、ギガ放題プランは1ヶ月目から2ヶ月目まで7GBプランと同じ月額料金で利用することができるので、お得になっています。

GMOとくとくBBは最短即日発送が可能で、早ければ翌日から利用を開始することができるので、そのスピード感が魅力の1つとなっています。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

乗り換えキャンペーンがお得なBroad WiMAX

ブロードワイマックスのキャンペーン画像

    特徴①月額料金が安い
    特徴②乗り換えキャンペーンで違約金負担
    特徴③いつでも解約サポートあり

Broad WiMAXは月額料金が安く、ギガ放題プランでもライトプランでも1ヶ月目から24ヶ月目まで月額料金の割引があるので、お得に利用することができます。

Broad WiMAXは契約解除料負担の乗り換えキャンペーンを実施しており、他社の回線からの乗り換えで他社の違約金を負担してくれるので、お得に乗り換えることができます。

Broad WiMAXにはいつでも解約サポートというサービスがあるので、通信サービスに不満があって解約した場合に、違約金負担なしで紹介の他社回線に乗り換えることができます。

Broad WIMAXの公式サイトへ

広いエリアで利用可能!ネクストモバイル

ネクストモバイルのMB画像

    特徴①ソフトバンク回線で快適の高速通信!
    特徴②ネットが完全無制限!
    特徴③広いエリアで利用可能!

ネクストモバイルはソフトバンク回線で4G LTEプラチナバンドに対応しているので、家の中でも外でも安定した高速通信を利用することができます。

ネクストモバイルは20G、30G、使い放題プランのプランがあります。ただし、2020年4月8日現在では使い放題プランの新規受付は終了しており、受付再開は未定となっているので注意が必要です。

ネクストモバイルは広いエリアで利用可能で、主要都市カバー率99%以上を誇るので、出張先や旅行先でも安心して通信サービスを利用することができます。

Point

実質費用を抑えるならGMOとくとくBB

他社から乗り換えならBroad WiMAX

データ量完全無制限ならネクストモバイル

ネクストモバイルの公式サイトへ

端末WX06が使えるWiMAXと他社モバイルWiFiを比較

比較の画像

WiMAXのWX06を取り扱っているモバイルWiFi3社の違いを比較して紹介します。

アール教授
WiMAXのWX06を取り扱っているおすすめのモバイルWiFiの違いは?

3年間の月額料金を比較

お金の画像

月額料金(3年間平均)を比較しています
モバイル
Wi-Fi名
プラン名 月額料金
(3年間平均)
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
4,208円
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題プラン 3,537円
ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
20GB
プラン
2,552円
30GB
プラン
2,852円

注:表示価格・内容は2020年8月28日現在の情報

GMOとくとくBBは3年間の月額料金が1番高いですが、高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているので、実質費用を抑えることができます。

Broad WiMAXは3年間の月額料金が2番目に安く、乗り換えキャンペーンなどお得なキャンペーンを実施しています。

ネクストモバイルは3年間の月額料金が1番安いですが、キャッシュバックがないので、Broad WiMAXよりも実質費用が高くなっています。

通信速度・通信量を比較

通信速度画像

通信速度・通信量を比較しています
モバイル
Wi-Fi名
通信速度
下り最大
通信量
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
440Mbps 無制限
(実質)
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
1.2Gbps 無制限
(実質)
ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
150Mbps なし※

※:月間容量を超えた場合に通信制限がかかる

GMOとくとくBBは下り最大440Mbpsの高速通信が可能で、通信量は実質無制限ですが、3日間で10GBのヘビーユーザー規制があるので注意が必要です。

Broad WiMAXは下り最大1.2Gbpsのギガビット級の高速通信が可能となっており、通信量は実質無制限ですが、3日間で10GBのヘビーユーザー規制があるので注意が必要です。

ネクストモバイルは下り最大150Mbpsと他モバイルWiFiの3社に比べて通信速度が遅いですが、ヘビーユーザー規制がなく月間容量を超えない限りは通信制限がかかりません。

Point

月額料金で選ぶならネクストモバイル

実質費用で選ぶならGMOとくとくBB

通信速度で選ぶならBroad WiMAX

総括:WiMAXなら最新機種のwx06がおすすめ!キャッシュバックならGMOとくとくBB!

チェック(紹介)

アール教授
WiMAXを契約するならWX06を選ぼう!

WiMAXを契約するなら、便利機能が備わっていて他の端末よりも全体的にスペックが高い最新機種のWX06がおすすめです。

WX06が1番おすすめですが、通信速度はW06の下り最大1.2Gbpsが1番速いので、通信速度を重要視する場合にはW06をおすすめします。

WiMAXは機種ごとにスペックも機能も違うので、自分の目的に合った機種を選ぶ必要があります。

最新機種のWX06や通信速度の速いW06で、快適で安定した通信サービスを利用しましょう!

料金面も加味するのであれば、高額キャッシュバックがあり、実質料金負担が軽減できるGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・31,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBのQ&A

 
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

簡単です。 WiMAX 2+端末機器に同梱のSIMカードをセットして電源を入れたら、通信を行いたい機器の設定をするだけです。 設定マニュアルも同梱してあるのでご安心ください。

プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しております。

通常4営業日以内に順次発送いたします。 お選びいただく端末機器によっては、平日15時30分、土日祝日14時までのお申込み完了で「即日発送」も可能です。 ご利用可能な場合にはお申込み手続き内の「WiMAX端末の発送方法をご選択ください」の欄にてご確認ください。

お支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなっております。 クレジットカードをお持ちでないお客さま向けに、クレジットカードが同時に発行できるキャンペーンも実施中です。

スマートフォンのキャリアに関係なく「Wi-Fi」を受信できる機器であれば、スマートフォン・PC・タブレット・ゲームなどでご利用可能です。

引用元:GMOとくとくBB WIMAX公式HP https://gmobb.jp/lp/gentei8/

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報

項目基本情報
プロパイダ名GMOとくとくBBのロゴ
月額料金月額3,609円~
使えるデータ容量ギガ放題プラン:無制限
通常プラン:7G
提供端末W06、WX05、W05
L02、WiMAX HOME 01、L01s
支払い方法クレジットカード
総合評価★★★★★
au スマートバリュー mine適用可
auスマホ最大1,000円割引
会社名GMOインターネット株式会社

WiMAXカテゴリの最新記事