【徹底比較】WiMAXの新機種はおすすめ?新機種『WX06』の性能を大解剖!

【徹底比較】WiMAXの新機種はおすすめ?新機種『WX06』の性能を大解剖!
【徹底比較】WiMAXの新機種はおすすめ?新機種『WX06』の性能を大解剖!

【徹底比較】WiMAXの新機種はおすすめ?新機種『WX06』の性能を大解剖!

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。

WiMAXの新機種『WX06』が発売されたけど、使い勝手はどうなんだろう?

WiMAXを契約する際にどの機種を選べばいいか悩んでしまいますよね。

本記事では2020年1月末に発売された新機種『WX06』の性能を紹介し、おすすめのルーターはなにかを説明します。

またおすすめルーターをお得に契約できるプロバイダについても紹介しますので、ぜひご覧ください!

おすすめのルーターを使い、皆さんも快適でお得なネット環境を手に入れましょう!

結論、新機種をご利用にあたって、おすすめのプロバイダは高額キャッシュバックがあり、実質料金が安いGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・キャッシュバック約34,800円
・月額大幅割引
・端末代金無料
キャンペーン34,800円キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

WiMAXの新機種『WX06』の性能徹底検証

紹介する女性

WiMAXの新機種『WX06』の性能について知りたいと思っている人も多くいると思います。ここでは、WX06の性能を徹底検証をします。

アール教授
WiMAXの新機種『WX06』の性能はどうなっているのでしょうか?

WX06の基本情報

パソコン系の画像

WX06の基本情報を見ていきましょう。
ルーター名 Speed Wi-Fi NEXT
WX06
W0X6の画像
発売日 2020年1月30日
メーカー NEC
重量 約127g
通信速度
下り最大
440Mbps

上記の表は、WX06の基本情報についてまとめています。2020年1月30日に発売された最新機種です。

WX06は、NECから発売されていて、WX05の後継のモデルです。後継モデルだけあって、WX05よりもWX06のほうが進化をしています。

下り最大440Mbpsの高速通信ができる上に、重量も軽くスマートので、持ち運びにも楽です。

本体カラーは2色から選べる!

wx06の画像
WX06は本体カラーが2色展開となっています。ライムグリーンとクラウドホワイトの2色から選ぶことができます。

ライムグリーンは、はっきりとしたグリーンのカラーが大変おしゃれです。また、とクラウドホワイトは明るい白色となっています。

ライムグリーンとクラウドホワイトどちらのカラーもインテリアにも合わせやすく、センス良く持つことができるでしょう。

ポイント:WX05から電池の持ちが大幅アップ!

女性がおすすめする画像
WX06は、ひとつ前のWX05と比較すると充電の持ちが3時間ほどUPしています。電池の持ち時間が大幅にアップしているのです。

このため、屋外でも充電の減りを気にすることなく作業を継続することができるでしょう。
また上り最大通信速度も30Mbpsから75Mbpsに上がっています。

WX05も十分に速い通信ができていましたが、WX06になり、さらに高速通信が可能となっています。

Point

WX06は本体カラーが2色展開

WX06はWX05より充電時間がアップ

WX06はWX05より高速通信ができる

WiMAXの新機種『WX06』の特徴

wx06画像

アール教授
WiMAXの新機種『WX06』にはどのような特徴があるのでしょうか?

WiMAXの新機種『WX06』の特徴は3つあります。ここでは、WX06の特徴を詳しく説明します。

特徴①Wi-Fi複数周波数同時利用でいつでも快適!

wx06特徴画像
WiMAXには2.4GHz帯と5GHz帯があります。この二つの周波数を同時に利用できる機能であるバンドステアリング機能がついています。2.4GHz帯と5GHz帯はそれぞれ特徴があり、2.4GHz帯は壁や障害物に強く、5GHz帯は壁や障害物に弱いものの、高速通信が可能となっています。

WX06は、バンドステアリング機能があるため、自動で最適な周波数を選択することができるのです。

この機能によって接続性と速度面で快適性が増したネット環境が手に入ります。

特徴②クレードル対応可能!

クレードル画像
WX06は、クレードル対応となっています。クレードルとは、モバイルWi-Fiを接続して使うスタンド型の機器のことです。

クレードルを利用すると、電波の受信性を高めたり、有線LANでの接続ができるようになっています。

ただし、クレードルはオプション品なので、利用を希望する場合、別途購入が必要になります。

特徴③充電稼働時間が長い!

充電の画像

充電稼働時間を見ていきましょう。
ルーター名 Speed Wi-Fi NEXT
W06
端末ルーターW06の画像
Speed Wi-Fi NEXT
WX06
W0X6の画像
バッテリー
使用時間
約540分 約690分

上記の表は、ルーター別稼働時間比較についてまとめています。W06は、2019年1月25日に発売された機種です。

WX06は2020年1月30日発売の機種なので、1年ほど発売期間が異なります。W06は丸みを帯びた形をしていますが、WX06のほうがコンパクトでスタイリッシュに見えます。

この両者を比較すると、WX06の充電稼働時間はWiMAXのW06よりも長いです。WX06のほうが150分も長くなっています。

Point

複数周波数同時利用ができる

クレードル対応している

WX06の充電稼働時間は長い

WiMAXの新機種と比較

比較の画像

WX06とW06にはどのような違いがあるのか気になっている人もいると思います。ここでは、違いを詳しく説明します。

アール教授
WiMAXの新機種との違いは何でしょうか?

比較対象『W06』の基本情報

w06画像

W06の基本情報を見ていきましょう。
ルーター名 Speed Wi-Fi NEXT
W06
端末ルーターW06の画像
発売日 2019年1月25日
メーカー HUAWEI
重量 約125g
通信速度
下り最大
一部:1.2Gbps
全国:440Mbps

上記の表は、W06の基本情報についてまとめています。W06は19年1月25日に発売された機種です。

ファーウェイ製であり、WX06とはメーカーが違います。WX06は2020年1月30日発売の機種なので、1年も前に発売された機種になります。

最新とは言えないのではないかと思う人もいるでしょうが、ファーウェイ製の中では最新モデルです。

速度比較

速度

速度の比較を見ていきましょう。
ルーター名 Speed Wi-Fi NEXT
W06
端末ルーターW06の画像
Speed Wi-Fi NEXT
WX06
W0X6の画像
通信速度
下り最大
一部:1.2Gbps
全国:440Mbps
440Mbps
通信速度
上り最大
75Mpbs 75Mpbs

上記の表は、ルーター別速度比較についてまとめています。上りの最大速度を見ると、WX06とW06は同じ速度になっています。

しかし、下りの最大速度を見ると、一部の地域ではWiMAXのW06のほうが速度が出ます。つまり、両者を比較すると、WiMAXのW06のほうが速いと言えるでしょう。

ただし、下りの最大速度が速い一部地域を除けば、WX06とW06は同じ速さで利用できます。

通信環境比較

WiFiの画像

通信環境の比較を見ていきます。
ルーター名 Speed Wi-Fi NEXT
W06
端末ルーターW06の画像
Speed Wi-Fi NEXT
WX06
W0X6の画像
HS+Aモード※
クレードル ×
有線接続 ×

※HS+Aモード=ハイスピードプラスエリアモード
上記の表は、ルーター別通信環境の比較についてまとめています。WX06のほうはクレードルに対応していますが、W06のほうはクレードルに対応していません。

クレードルに対応をしていると、有線LANを使うことができます。Wi-Fiに対応していないパソコンでもクレードルにつなぐことで利用することが可能になります。

通信性はクレードルのオプションがあり、有線LANが使えるWX06のほうが優れていると言えるでしょう。

ポイント:スピード重視ならW06、安定性重視ならWX06がおすすめ!

確認の画像
WX06とW06を比較すると、それぞれに強みを持っていることが分かります。上りの最高速度は両社とも同じですが、下り最高速度はW06が速いです。

スピードを重要視する人には、W06が良いでしょう。クレードルに対応をしているのはWX06です。

クレードルに対応をしていることで有線LAN対応が可能となります。通信の安定性重視ならばWX06がおすすめです。

Point

W06は下り最高速度が速い

WX06はクレードルに対応

通信の安定性が大きいのはWX06

WiMAXの新機種が使えるおすすめモバイルWiFiを紹介!

紹介する男性

WiMAXの新機種が使えるおすすめモバイルWiFiが3つあります。ここでは、3つのおすすめモバイルWiFiを詳しく説明します。

アール教授
WiMAXの新機種が使えるおすすめモバイルWiFiはどこでしょうか?

高額キャッシュバックならGMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAXのMB画像

高額キャッシュバックのGMOとくとくBBを見ていきましょう。
    特徴①高額キャッシュバック
    特徴②月額料金が安い
    特徴③最短即日発送

GMOとくとくBBは、契約をするとしばらくしてから、高額なキャッシュバックを受け取ることができます。ただし高額キャッシュバックは新規契約者に限ります。

また、スマホを一緒に契約をすることでキャッシュバック額がさらに増えますし、キャッシュバックは実質的な割引になるので、お得に感じるでしょう。

GMOとくとくBBは、月額料金の安さも強みです。家計の負担にならないので、継続して利用しやすいです。

平日であれば15時30分まで、土日祝日は14時までに契約が完了すると、即日配送されます。配送送料は全国どこでも無料です。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

乗り換えキャンペーンがお得なBroad WiMAX

ブロードワイマックスのキャンペーン画像

乗り換えキャンペーンがお得なBroad WiMAXを見ていきましょう。
    特徴①月額料金が安い
    特徴②乗り換えキャンペーンで違約金負担
    特徴③いつでも解約サポートあり

Broad WiMAXは、月額料金が安く、業界最安値級となっているので、負担を感じずに利用することができるでしょう。

キャンペーンも実施しているため、他に比べて月額料金が安いです。さらに、通女医うであれば他社からの乗り換えには契約完了前であれば、違約金が発生します。

Broad WiMAXでは、乗り換えキャンペーンを実施しているため、違約金負担があり、利用者の負担は軽減されます。

また、いつでも解約サポートもあり、Broad WiMAXを利用後不満を感じた場合、おすすめのプロバイダーを紹介してもらえ、違約金の負担もありません。

Broad WIMAXの公式サイトへ

番外編:ネットが完全無制限で海外利用可!どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのMB画像
ネットが完全無制限で海外利用可能などんなときもWiFiを見ていきましょう。

    特徴①トリプルキャリネットワークに対応
    特徴②131カ国で利用可能
    特徴③通信制限一切なし

どんなときもWiFiは、トリプルキャリアネットワークに対応しています。トリプルキャリアネットワークとは、大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)のLTE回線に対応しており、利用するエリアによって最適な通信キャリアの回線を自動で選択できるので、快適な通信環境が整っているのです。

さらに、131か国で利用できるので、面倒な手続きなしに簡単な設定をして、電源ONにするだけで利用できます。

通信制限も一切ないので、ストレスなくインターネットを思う存分楽しむことができるでしょう。

Point

GMOとくとくBBなら高額キャッシュバック

Broad WiMAXは乗り換えキャンペーンあり

どんなときもWiFiは通信制限なし

どんなときもWiFiの公式サイトへ

WiMAXの新機種が使えるおすすめモバイルWiFiの比較

比較の画像

WiMAXの新機種が使えるおすすめモバイルWiFiには違いがあります。ここではその違いを比較します。

アール教授
WiMAXの新機種が使えるおすすめモバイルWiFiの違いは何でしょうか?

価格比較

月額(お金)

価格の比較を見ていきましょう。
モバイル
Wi-Fi名
プラン名 月額料金
(3年平均)
キャンペーン
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
4,208円 ・約3万円CB
・端末代金0円
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
3,648円 ・端末代金0円
・違約金負担※
・初期費用割引
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
データ放題
プラン
3,632円 端末無料

※乗り換え時の違約金を負担
注1:表示価格・内容は2020年3月16日現在の情報
注2:キャンペーンは申し込みページによって異なる

上記の表は、モバイルWiFiのプロバイダ別価格比較についてまとめています。3年平均の月額料金だけを比較すると、Broad WiMAXが一番安いです。

GMOとくとくBBが一番高く、Broad WiMAXとの差は月額約600円もあります。しかし、この3社の中でキャッシュバックがあるのはGMOとくとくBBだけです。

キャッシュバックを含めた金額を見えると、高額なキャッシュバッグを受け取ることができるGMOとくとくBBがお得になっています。

速度比較

通信速度が速いときのi画像

速度の比較を見ていきましょう。
モバイル
Wi-Fi名
ルーター名 通信速度
下り最大
通信制限
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
W06 一部:1.2Gbps
全国:440Mbps
10GB/3日
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
W06 一部:1.2Gbps
全国:440Mbps
10GB/3日
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
D1 150Mbps 完全無制限

上記の表は、モバイルWiFiのプロバイダ別速度比較についてまとめています。速度はWiMAXのW06が一番出ます。

何よりも速度の速さを重要視するのであれば、W06を選択すると良いでしょう。速度よりも通信制限が気になるという人もいると思います。

GMOとくとくBBとBroad WiMAXは通信制限があります。通信制限が気になる人はデータ無制限のどんなときもWiFiがおすすめです。

Point

GMOとくとくBBは実質料金が安い

WiMAXのW06は速度が速い

どんなときもWiFiは通信制限なし

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

Broad WIMAXの公式サイトへ

どんなときもWiFiの公式サイトへ

総括:WiMAXの新機種をGMOとくとくBBで利用しよう!

アール教授
WiMAXの新機種をGMOとくとくBBで利用しましょう。

WiMAXの新機種であるWX06の利用を検討しているのであれば、高額キャッシュバックがでるGMOとくとくBBがおすすめです。

他者と比較して月額料金が高いように見えても、高額なキャッシュバッグがあるため、実質的な割引となります。

また、機種変更の解約金が気になる人は解約金の負担があるブロードワイマックスが良いです。

データ完全無制限が気になる人はどんなときもWiFiがおすすめです。通信制限を気にせず思う存分インターネットを楽しめます。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・キャッシュバック約34,800円
・月額大幅割引
・端末代金無料
キャンペーン34,800円キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBのQ&A

 
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

簡単です。 WiMAX 2+端末機器に同梱のSIMカードをセットして電源を入れたら、通信を行いたい機器の設定をするだけです。 設定マニュアルも同梱してあるのでご安心ください。

プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しております。

通常4営業日以内に順次発送いたします。 お選びいただく端末機器によっては、平日15時30分、土日祝日14時までのお申込み完了で「即日発送」も可能です。 ご利用可能な場合にはお申込み手続き内の「WiMAX端末の発送方法をご選択ください」の欄にてご確認ください。

お支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなっております。 クレジットカードをお持ちでないお客さま向けに、クレジットカードが同時に発行できるキャンペーンも実施中です。

スマートフォンのキャリアに関係なく「Wi-Fi」を受信できる機器であれば、スマートフォン・PC・タブレット・ゲームなどでご利用可能です。

引用元:GMOとくとくBBの公式サイト

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報

項目基本情報
プロパイダ名GMOとくとくBBのロゴ
月額料金月額3,609円~
使えるデータ容量ギガ放題プラン:無制限
通常プラン:7G
提供端末W06、WX05、W05
L02、WiMAX HOME 01、L01s
支払い方法クレジットカード
総合評価★★★★★
au スマートバリュー mine適用可
auスマホ最大1,000円割引
会社名GMOインターネット株式会社

当記事は下記URLページの情報を参考に作成しております。
参照URL:
https://www.uqwimax.jp/wimax/products/wx06/
https://gmobb.jp/lp/gentei8/
https://wimax-broad.jp/

WiMAXカテゴリの最新記事