【契約前必見】WiMAXのおすすめ端末を比較!それぞれの魅力を徹底解説!!

【契約前必見】WiMAXのおすすめ端末を比較!それぞれの魅力を徹底解説!!
【契約前必見】WiMAXのおすすめ端末を比較!それぞれの魅力を徹底解説!!

【契約前必見】WiMAXのおすすめ端末を比較!それぞれの魅力を徹底解説!!

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。


WiMAXとの契約を考えているけど、どのモバイルルーターを選べばいいかよくわからないなんてことありますよね。

本記事ではおすすめのWiMAXモバイルルーターを2つ紹介し、それぞれどんな人に合っているのか解説します!

またおすすめモバイルルーターを使えるお得な契約先についても説明しています。

おすすめのWiMAXモバイルルーターを使用し、快適かつお得なネット環境をぜひ手に入れましょう!

結論、高額キャッシュバックもあり、実質的に一番安いGMOとくとくBBからWiMAX端末を契約するのが一番おすすめです。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・キャッシュバック約34,800円
・月額大幅割引
・端末代金無料
キャンペーン34,800円キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

WiMAX端末の比較①ホームルーターかモバイルルーターか

比較の画像

アール教授
ホームルーターとモバイルルーターはどちらが良いのでしょうか?

ホームルーターとモバイルルーターのどちらを利用すればいいのか迷っている人もいるでしょう。ここでは、WiMAX端末の比較をしていきます。

モバイルルーターのメリット:持ち運びしやすい!

メリット

モバイルルーターの特徴を見ていきましょう。
ルーター名 Speed Wi-Fi NEXT
WX06
W0X6の画像
通信速度
下り最大
一部:1.2Gbps
全国:440Mbps
重量 約127g
同時接続台数 16台
有線LAN接続 〇※

※クレードルに端末を置くことで有線LANケーブルをつなぐことが可能になります
上記の表は、モバイルルーターについてまとめたものです。モバイルルーターは、重量が軽く、持ち運びが大変楽です。

そのため、屋内でも屋外でも電波が届けばどこでも使用しやすい特徴があります。工事も不要なので手元に届いたらすぐに利用することも可能です。

さらに、パソコンやスマホ、タブレット、ゲーム機など複数の端末に同時に接続することもできます。ただし、有線LANでの利用はできません。

ホームルーターのメリット:多くの機器を安定して使える!

ルーターの画像

ホームルーターの特徴を見ていきましょう。
ルーター名 Speed Wi-Fi HOME
L02
homeLO2テーブル
通信速度
下り最大
1Gbps
重量 約436g
同時接続台数 42台
有線LAN接続

上記の表は、ホームルーターについてまとめたものです。ホームルーターは、家にあるコンセントにつなぐだけですぐに利用することができる手軽さがあります。

モバイルルーターのように持ち運びには適していませんが、同時接続台数がモバイルルーターより多いです。さらに、モバイルルーターでは不可能な有線LANでの利用も可能です。

通信速度も速く、電波状況も安定しているので、ストレスなくインターネットを楽しむことができます。

ポイント:おすすめはどこでも使えるモバイルルーター!

女性がおすすめする画像
WiMAXの魅力は、家の中でも外でも利用できることです。ルーターがあれば、家の中でも家の外でも電波が届けばどこでも使える手軽さにあります。

ホームルーターは家の中での利用は適していますが、外への持ち出しには適していないため、不外出先での利用はできません。

速度も大きく変わらないモバイルルーターであれば、インターネットの速度にストレスを感じることも無いので、おすすめです。

Point

モバイルルーターは持ち運びが楽

モバイルルーターは端末の複数接続ができる

ホームルーターは安定性が高い

WiMAX端末の比較②モバイルルーターのおすすめ紹介!

紹介する男性
2種類のおすすめモバイルルーターがあります。ここでは、その2種類のモバイルルーターを詳しく説明します。

アール教授
おすすめのモバイルルーターは何でしょうか?

モバイルルーターのおすすめは2種類

比較の画像
モバイルルーターにはいろいろな種類があります。多くある中でもどうせ利用するならおすすめのもの、多くの人に支持されているものを利用したいと思うでしょう。

モバイルルーターの中でおすすめできるのは、発売してからまだ間もないですが、2020年発売のWX06とW06の2種類です。

WX06とW06の2種類のモバイルルーターの特徴について、以下で詳しく見ていきましょう。

最高速端末!W06の特徴

w06の画像

アール教授
最高速端末と言われているW06の特徴を説明します。

特徴①モバイルルーター最速!

w06特徴

モバイルルーターの速度について見ていきます。
ルーター名 通信速度
下り最大
通信速度
上り最大
Speed Wi-Fi NEXT
W06
端末ルーターW06の画像
一部:1.2Gbps
全国:440Mbps
75Mpbs
Speed Wi-Fi NEXT
WX06
W0X6の画像
440Mbps 75Mpbs

上記の表は、モバイルルーターWX06とW06の速度についてまとめたものです。2つを比較すると、W06のほうが最高下り速度が速いことが分かります。

なお、1.2Gbpsの速度が出る可能性があるところは限られています。東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリアです。

最大上り速度はモバイルルーターWX06とW06ともに、同じ速度になっています。

特徴②ビームフォーミング対応でつながりやすい!

w06特徴2
W06は、ルーターから離れた場所でもつながりやすくするビームフォーミングという技術を使用しています。

繋がりにくかった場所でもW06を利用すれば、つながりやすくなるため、インターネットが利用しやすくなります。

ただし、Wi-Fi端末もビームフォーミングに対応する必要があるので、注意してください。

特徴③モバイルルーター最軽量で持ち運びやすい!

サイズを表す時の画像
W06は現在発売されているWiMAX端末の中で最も軽量です。コンパクトなサイズなので、家の中で使うときにも邪魔になりません。

また、外出先で使うために、バッグの中に入れていても場所をとらないです。ポケットの中にも入れることができるでしょう。

W06は持ち運びも楽にできるので、家でも外でも使えるおすすめ端末です。

最新端末!WX06の特徴

wx06の画像

アール教授
最新端末のWX06の特徴を見ていきましょう。

特徴①Wi-Fi複数周波数同時利用でいつでも快適!

WiFiの画像
WiMAXには2.4GHz帯と5GHz帯があり、その二つの周波数を同時に利用できる機能であるバンドステアリング機能がついています。

バンドステアリング機能とは、2.4GHzと5GHzの2つの帯域の混雑してない周波数帯に自ら選んで設定してくれる機能です。

これは、WiMAXモバイルルーター初の機能で、他のモバイルルーターにはない機能です。WX06の強みであると言えるでしょう。

またバンドステアリング機能によって接続性と速度面で快適性が増したネット環境が手に入ります。

特徴②クレードル対応可能!

クレードル画像

クレードル対応について見ていきましょう。
ルーター名 クレードル
有無
有線LAN接続
Speed Wi-Fi NEXT
W06
端末ルーターW06の画像
×
Speed Wi-Fi NEXT
WX06
W0X6の画像
○※

※クレードルをつけている時に可能
上記の表は、モバイルルーターのクレードル有無についてまとめたものです。WX06はクレードルに対応をしています。

WX06はクレードル対応ですが、クレードルは別売りとなっています。WX06のみクレードルのオプション販売があります。

クレードルを使うことによって、電波の受信性能が上がったり、有線LANを利用できるようになるでしょう。

特徴③充電稼働時間が長い!

充電の画像
WX06は1回の充電で約11時間利用でき、W06よりも1充電あたりの稼働時間が長いことを説明してくださいです。

外出先でパソコンを利用する場合、一番気になるのがバッテリーの減り具合です。すぐにバッテリーが減っていくと、長時間の利用ができなくなってしまいます。

その点、WX06は稼働時間が長いので、充電の時間を気にせず利用することができるでしょう。

ポイント:通信速度重視ならW06!安定性ならWX06!

スーツの男性
モバイルルーターのW06とWX06にはそれぞれに特徴がありますが、自分の利用状況を考えて選ぶと使い心地に満足できます。

ポイントとして通信速度を重視する場合はW06を、ゲームなどで利用するため安定性を重視する場合はWX06がおすすめです。

また一般的には速度面がネット環境の快適さに大きな影響を与えるため、W06を選ぶと間違いはないでしょう。

Point

W06は通信速度が速い

WX06は安定性が高い

WX06は稼働時間が長い

比較したWiMAXおすすめ端末が使えるモバイルWiFiを紹介!

紹介する女性
比較したWiMAXおすすめ端末が使えるモバイルWiFiが3つあります。ここでは、そのおすすめの3つを詳しく説明します。

アール教授
比較したWiMAXおすすめ端末が使えるモバイルWiFiは何でしょうか?

高額キャッシュバックならGMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAXのMB画像

高額キャッシュバックのGMOとくとくBBを見ていきます。
    特徴①高額キャッシュバック
    特徴②月額料金が安い
    特徴③最短即日発送

GMOとくとくBBは、高額キャッシュバックを受け取ることができる点が大きな強みです。契約後しばらくすると、受け取ることができます。

また、月額料金が安いので、家計の負担になりません。月額料金が高すぎると、家計を圧迫してしまいますが、比較的安いので、継続して使うことができるでしょう。

さらに、契約をすると最短即日配送されます。全国どこでも送料無料なので、余計な費用負担もありません。

手元に届いたら、工事も不要なので、すぐに使い始めることができ、インターネットをサクサクと楽しめます。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

乗り換えキャンペーンがお得なBroad WiMAX

ブロードワイマックスのキャンペーン画像

乗り換えキャンペーンがお得なBroad WiMAXを見ていきましょう。
    特徴①月額料金が安い
    特徴②乗り換えキャンペーンで違約金負担
    特徴③いつでも解約サポートあり

Broad WiMAXは月額料金の安さが突出しています。Broad WiMAXの月額料金は業界内でも、最安値級です。

乗り換えキャンペーンがあるので、契約完了前に他社から乗り換える場合、違約金の負担があります。このため、乗り換えも気軽に行えます。

さらに、いつでも解約サポートがあるので、Broad WiMAXを利用後満足できない場合には、おすすめのプロバイダを紹介してくれます。

この場合、Broad WiMAXを途中解約となります。通常であれば違約金が発生しますが、Broad WiMAXが紹介したところへの乗り換えであれば、違約金の負担はありません。

Broad WIMAXの公式サイトへ

番外編:ネットが完全無制限で海外利用可!どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのMB画像

ネットが完全無制限で海外利用可能などんなときもWiFiを見ていきましょう。
    特徴①トリプルキャリネットワークに対応
    特徴②131カ国で利用可能
    特徴③通信制限一切なし

どんなときもWiFiは、トリプルキャリネットワークに対応していますので、広いエリアで使うことができます。

日本国内だけではなく、131か国でも利用可能となっています。面倒な手続きなど一切必要なく利用できるので、海外へ行く場合にも、どんなときもWiFiがあれば大変便利です。

さらに、通信制限も一切ありません。月間容量を超えた場合に制限がかかったり、3日間の累計使用量が一定数を超えると制限がかかるということもないです。

通信制限がないので、動画・ゲームなども思う存分楽しむことができるでしょう。

Point

GMOとくとくBBは高額還元あり

Broad WiMAXは乗り換えキャンペーンあり

どんなときもWiFiは通信制限がない

どんなときもWiFiの公式サイトへ

WiMAXのおすすめ端末が使えるモバイルWiFi比較

比較の画像

WiMAXのおすすめ端末が使えるモバイルWiFiにはそれぞれに違いがあります。ここではモバイルWiFiの比較をしていきます。

アール教授
WiMAXのおすすめ端末が使えるモバイルWiFiの違いは何でしょうか?

価格比較

月額(お金)

価格の比較を見ていきましょう。
モバイル
Wi-Fi名
プラン名 月額料金
(3年平均)
キャンペーン
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
4,208円 ・約3万円CB
・端末代金0円
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
3,537円 ・端末代金0円
・乗り換え違約金負担
・初期費用割引
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
データ放題
プラン
3,632円 ・端末無料

※表示価格・内容は2020年3月10日現在の情報
上記の表は、モバイルWiFiのプロバイダ別価格比較についてまとめたものです。

月額料金だけを見ると一番安いのは、どんなときもWiFiです。一番月額料金が高いGMOとくとくBBとは、約1,000円程度の差があります。

しかし、GMOとくとくBBには高額なキャッシュバックがあるので、キャッシュバックを含めた金額ではGMOとくとくBBがお得です。

速度比較

WiFiの画像

速度の比較を見ていきましょう。
モバイル
Wi-Fi名
ルーター名 通信速度
下り最大
通信制限
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
W06 一部:1.2Gbps
全国:440Mbps
10GB/3日
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
W06 一部:1.2Gbps
全国:440Mbps
10GB/3日
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
D1 150Mbps 完全無制限

上記の表は、モバイルWiFiのプロバイダ別速度比較についてまとめたものです。

速度は端末の中でも、W06が下り最大1.2Gbpsと、高速通信が可能です。インターネットをするうえで一番速度を重視している人であれば、W06の利用が良いでしょう。

また通信制限が気になる人は、データ量の制限があるプロバイダはおすすめできません。データ無制限のどんなときもWiFiがおすすめです。

Point

どんなときもWiFiは月額料金が安い

GMOとくとくBBが実質料金が安い

WiMAXのW06が速度が速い

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

Broad WIMAXの公式サイトへ

どんなときもWiFiの公式サイトへ

総括:比較して分かったおすすめWiMAX端末をGMOとくとくBBから申し込もう!

GMOとくとくBBのMB

アール教授
比較して分かったおすすめWiMAX端末をGMOとくとくBBから申し込みましょう。

通信速度を重視する場合はW06を、ゲームなどで利用するため安定性を重視する場合はWX06がおすすめです。

これらのおすすめ端末をお得に契約できるプロバイダで一番おすすめなのがGMOとくとくBBです。高額キャッシュバックもあり、実質的に一番安いです。

しかし、違約金負担を重視する場合はブロードワイマックスを、データ完全無制限を重視する場合はどんなときもWiFiがおすすめです。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・キャッシュバック約34,800円
・月額大幅割引
・端末代金無料
キャンペーン34,800円キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBのQ&A

 
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

簡単です。 WiMAX 2+端末機器に同梱のSIMカードをセットして電源を入れたら、通信を行いたい機器の設定をするだけです。 設定マニュアルも同梱してあるのでご安心ください。

プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しております。

通常4営業日以内に順次発送いたします。 お選びいただく端末機器によっては、平日15時30分、土日祝日14時までのお申込み完了で「即日発送」も可能です。 ご利用可能な場合にはお申込み手続き内の「WiMAX端末の発送方法をご選択ください」の欄にてご確認ください。

お支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなっております。 クレジットカードをお持ちでないお客さま向けに、クレジットカードが同時に発行できるキャンペーンも実施中です。

スマートフォンのキャリアに関係なく「Wi-Fi」を受信できる機器であれば、スマートフォン・PC・タブレット・ゲームなどでご利用可能です。

引用元:GMOとくとくBBの公式サイト

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報

項目基本情報
プロパイダ名GMOとくとくBBのロゴ
月額料金月額3,609円~
使えるデータ容量ギガ放題プラン:無制限
通常プラン:7G
提供端末W06、WX05、W05
L02、WiMAX HOME 01、L01s
支払い方法クレジットカード
総合評価★★★★★
au スマートバリュー mine適用可
auスマホ最大1,000円割引
会社名GMOインターネット株式会社

当記事は下記URLページの情報を参考に作成しております。
参照URL:
https://www.uqwimax.jp/wimax/products/w06/
https://www.uqwimax.jp/wimax/products/wx06/
https://gmobb.jp/lp/gentei8/
https://wimax-broad.jp/
https://donnatokimo-wifi.jp/

WiMAXカテゴリの最新記事