ブロードワイマックスは口座振替が可能!口座振替のメリットやデメリットをご紹介!

ブロードワイマックスは口座振替が可能!口座振替のメリットやデメリットをご紹介!
ブロードワイマックスは口座振替が可能!口座振替のメリットやデメリットをご紹介!

ブロードワイマックスは口座振替が可能!口座振替のメリットやデメリットをご紹介!

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。

WiMAXの月額費用の支払いは、基本的にクレジットカードで支払いです。

では、クレジットカードを持っていない人や事情があって作れない人は、WiMAXを利用することができないのでしょうか。

実は、ブロードワイマックスではクレジットカード払いの他、口座振替を選択することもできます。

今回はブロードワイマックスの口座振替での支払いについて、注意点や気になるポイントなどを紹介していきます。

Broad WIMAXの公式サイトへ

WiMAX業界最安級!Broad WiMAX!

Broad WiMAXのロゴ画像
Broad WiMAXの画像
プロパイダBroadWiMAX
月額料金月額2,726円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★
特徴・月額料金が最安級!
・最短ご契約当日からご利用可能!
キャンペーン初期費用18,857円無料

BroadWiMAXの公式サイトへ

ブロードワイマックスを含めた口座振替ができるWiMAX

紹介する男性

アール教授
口座振替で利用できるWiMAXを紹介します!

口座振替ができるWiMAXは3社のみ

口座振替の画像

口座振替ができるWiMAXを見ていきましょう
モバイル
WiFi
口座振替
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
可能
BIGLOBE
WiMAX
BIGLOBE WiMAXのロゴ
可能
UQ
WiMAX
UQ WiMAXのロゴ
可能
カシモ
WiMAX
カシモWiMAXのロゴ
不可
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
不可

口座振替ができるWiMAXは上の表の通り「ブロードワイマックス」「BIGLOBE WiMAX」「UQ WiMAX」の3社のみです。

「GMOとくとくBB」や「カシモWiMAX」も主要なWiMAXですが、これらは口座振替には対応していません。

なのでクレジットカードでの支払いが出来ない方は、上記の3社からWiMAXを選ぶ必要があります。

ブロードワイマックスの口座振替で利用できる金融機関

おすすめする女性の画像
ブロードワイマックスの口座振替は「株式会社ライフカード」という業者が委託して行なっています。

なので口座振替で利用できる金融機関は株式会社ライフカードが対応している金融機関になりますが、株式会社ライフカードは全国のほとんどの銀行での口座振替に対応しているので問題はありません。

利用できる金融機関の詳細は株式会社ライフカードの公式サイトで確認できます。

手続きには各種書類が必要

契約書
ブロードワイマックスを口座振替で利用するには、契約の際に身分証明書を提示する必要があります。

利用できる証明書は、運転免許証、健康保険証、パスポート、障碍者手帳、住民基本台帳などです。

上記の証明書の中からいずれか一点を、申し込み時に忘れず持参しましょう。

Point

口座振替ができるWiMAXは3社のみ

口座振替はほとんどの金融機関に対応

申し込み時に身分証明書が必要

Broad WIMAXの公式サイトへ

ブロードワイマックスを口座振替で利用するメリット

メリット
ブロードワイマックスを口座振替で利用するメリットを紹介します。

アール教授
特筆すべきメリットは主に二つです!

クレジットカードがいらない

クレジットカード
多くのWiMAXがクレジットカードでの支払いを採用している理由は、利用者の料金の支払い遅れを防ぐためです。

ですが何らかの事情があってクレジットカードが使えなかったり、そもそもクレジットカードを持たないという人の中にも、WiMAXを使いたい人は当然いると思います。

口座振替を利用すればクレジットカードがなくてもWiMAXが利用できるため、これが最大のメリットと言えるでしょう。

口座振替でも端末代金は無料

ブロードワイマックスのキャンペーン画像
ブロードワイマックスは「全端末無料キャンペーン」という、WiMAX端末の機種代を無料で使えるキャンペーンを行なっています。

キャンペーンの中には口座振替では適用されないものもありますが、この全端末無料キャンペーンは口座振替を利用する場合でも適用されます。

最新機種を含んだWiMAX端末が全て無料で使えるのは大きなメリットと言えるでしょう。

Point

口座振替のメリットは二つ

クレカがなくてもWiMAXが使える

機種代金無料が適用される

Broad WIMAXの公式サイトへ

ブロードワイマックスを口座振替で利用するデメリット

デメリット
口座振替を利用するデメリットもあるので紹介します。

アール教授
クレカ払いでは必要ない、余分な支払いが発生することがあります!

初期費用キャンペーンが適用されない

できない男性画像

口座振替だとキャンペーンが適用されないので注意が必要です
初期費用 金額
初期費用
お金テーブル画像
18,857円
事務手数料
受付テーブル画像
3,000円

ブロードワイマックスが行なっているキャンペーンの一つに「初期費用無料キャンペーン」があり、これは約18,000円の初期費用が無料になるキャンペーンです。

Webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込み、指定オプションサービスに初回加入いただい たお客様に、もれなく初期費用を18,857円割引いたします。

出典:WEB割キャンペーンーBroad WiMAX

ですがこのキャンペーンはクレジットカード払いでの申し込みが適用条件となっているため、口座振替では適用されません。

そのため口座振替を利用する場合は、上の表の通り「初期費用」と、契約の際に発生する「事務手数料」を自分で負担しなければなりません。

初期費用で代金引換手数料が発生する

電卓(お金)
ブロードワイマックスを口座振替で利用する場合には、初期費用の支払いが代金引換での支払いになります。

このため、初期費用の支払いに約200円の代金引換手数料を追加で支払わなければなりません。

クレジットカード払いの場合はそもそもこの初期費用自体がキャンペーンで無料になるため、「初期費用+手数料」の支払いが発生することは口座振替のデメリットと言えます。

手数料がかかる

お金の画像
上記の初期費用の支払いに加え、口座振替の場合は月額料金の支払いにも代金引換手数料が発生します。

このため口座振替でブロードワイマックスを利用するには、初期費用や月額利用料金の支払いに、約200円の代引き手数料を追加で支払わなければなりません。

このように、各種支払いに手数料が追加されることが口座振替を利用するデメリットです。

Point

口座振替では初期費用の支払いが必要

初期費用の支払いに手数料が発生

月額料金の支払いにも手数料が発生

Broad WIMAXの公式サイトへ

ブロードワイマックスの口座振替における気になるポイント

ポイントの画像
ブロードワイマックスを口座振替で利用する場合に、把握しておいた方が良い注意点を解説します。

アール教授
「審査期間」と「引き落とし日」を把握しておきましょう!

ポイント①審査にかかる期間

カレンダー画像
ブロードワイマックスを口座振替で利用するには、上記で話した通り本人確認書類の提出が必要になります。

申し込み時に本人確認書類を提出したら、申し込み内容の確認が行われます。

申し込み内容に不備がないことを確認され次第すぐにWiMAX端末を発送してもらえます。

ポイント②引き落とし日

カレンダー画像
ブロードワイマックスの口座振替は「株式会社ライフカード」が委託して行なっているため、料金の引き落とし日は株式会社ライフカードの引き落とし日に当たります。

引き落とし日は翌月10日です。残高不足で支払いが滞納することがないよう、引き落とし日は正確に把握しておきましょう。

Broad WIMAXの公式サイトへ

口座振替以外のメリットもある他社WiMAXをご紹介

紹介する男性
ブロードワイマックスの他にも、口座振替は利用できないものの、支払い方法以外の面でメリットがたくさんあるWiMAXを紹介します。

アール教授
クレジットカード払いが可能な方は、以下のWiMAXも比較対象に入れてみてください!

月額料金が安い!カシモWiMAX

カシモWiMAXのMB画像

    特徴①月額の値引額が大きい
    特徴②高速通信で快適ネット
    特徴③キャッシュバックなしでも安い

カシモWiMAXは月額料金の安さが最大の魅力のプロバイダで、初月1,380円からWiMAXを利用できます。

また端末代無料キャンペーンを行っているので、初期費用を抑えることができます。

WiMAX業者は現金キャッシュバックのキャンペーンを行なっている所が多いですが、カシモWiMAXはこのキャッシュバックは行なっていません。

その代わり月額料金が低く設定されているので「純粋な月々の支払いを抑えたい」という方にオススメです。

カシモWiMAXの公式サイトへ

高額キャッシュバックならGMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAXのMB画像

    特徴①高額キャッシュバック
    特徴②実質料金が安い
    特徴③最短即日発送

GMOとくとくBBは、高額キャッシュバックキャンペーンが最大の魅力で、最大31,500円という業界でもかなり高額なキャッシュバックを受け取ることができます。

この高額キャッシュバックにより、キャッシュバックを受け取ったあとの総額費用が、GMOとくとくBBは業界でも最安級となっています。

料金プランは、月間データ通信量が無制限の「ギガ放題プラン」と月間のデータ通信量が7GBまでの「7GBプラン」があり、これらは月単位で何度でも無料で乗り換えられるため、ネット使用量に合わせて変更することで月額費用を抑えられます

またGMOとくとくBBは端末の即日発送キャンペーンも行なっているため、「すぐにネット環境を整えたい!」という方も安心です。

Point

口座振替できないWiMAXもメリットが沢山

月額料金が安いカシモWiMAX

キャッシュバックが高額なGMOとくとくBB

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

ブロードワイマックスと他社との比較

比較の画像
ブロードワイマックスと、上記で紹介した「カシモWiMAX」と「GMOとくとくBB」の3社を比較しました。

アール教授
自分に最適なWiMAXを見つけましょう!

3年間の月額料金平均を比較

期間とお金の画像

月額料金を比較してみました
モバイル
WiFi
プラン名 月額料金
(3年平均)
契約期間
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
3,648円 3年間
カシモ
WiMAX
カシモWiMAXのロゴ
ギガ放題
新端末
プラン
3,723円 3年間
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
4,208円 3年間

注:表示価格・内容は2020年6月26日現在の情報
月額料金で比較すると、3社の中ではブロードワイマックスが最安となっていることがわかりました。

カシモWiMAXもブロードワイマックスとほとんど同じ月額料金であるため「月々のネット利用料を抑えたい」という方はこの2社を検討すると良いでしょう。

また、GMOとくとくBBは月額料金では比較的高めになっていますが、GMOとくとくBBの魅力は高額キャッシュバックによる実質費用の安さです。

「純粋な月額料金よりも利用期間を通しての実質費用を抑えたい」という方は、以下の実質費用の比較も参考にしてください。

3年間の実質費用の比較

お金の計算をする男性の画像

実質料金を比較してみました
モバイル
WiFi
プラン名 実質費用
(3年間)
キャッシュバック
(CB)
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
127,341円※¹ 1万円※²
(新規2台同時申込)
カシモ
WiMAX
カシモWiMAXのロゴ
ギガ放題
新端末
プラン
132,969円 なし
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
123,006円 最大31,500円

※¹:新規2台同時申込のキャッシュバックは含まない
※²:表示価格・内容は2020年6月26日現在の情報
注:実質費用=3年月額合計+事務手数料+端末代-CB

3社とも契約期間が3年で、実質費用はこの3年の契約期間を通してかかる合計金額のことです。

実質費用を比較すると、高額キャッシュバックキャンペーンを用意しているGMOとくとくBBがブロードワイマックスの実質費用より約7,000円安くなっていることがわかります。

ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取るには、契約から11ヶ月目に送られてくるメールから振込先口座を登録する必要があるため忘れないよう注意しましょう。

「実質費用を抑えたい」という方はGMOとくとくBBがオススメです。

auスマートバリューmineの比較

auスマートバリューmine

auスマートバリューmine利用時の比較をしてみました
モバイル
Wi-Fi名
auスマート
バリューmine
割引額
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
1,000円
カシモ
WiMAX
カシモWiMAXのロゴ
×
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
1,000円

auスマートバリューmineとは、auスマホとWiMAXをセットで利用することで、auスマホの月額料金から毎月最大1,000円が割引されるサービスです。

上の表の通り、ブロードワイマックスとGMOとくとくBBの2社はこのauスマートバリューmineの対象になっています。

auのスマホを利用中の方は、この2社から選ぶとよりお得な月額料金でWiMAXを利用できるのでオススメです。

キャンペーンを比較

キャンペーン

キャンペーン内容を比較してみました
プロバイダ キャンペーン内容
Broad WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
・端末代金0円
・乗り換え解約金負担
・初期費用割引
・1万円キャッシュバック※
(新規2台同時申込)
カシモWiMAX
カシモWiMAXのロゴ
・月額料金割引
・端末代金0円
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
・最大31,500円キャッシュバック
・端末代金0円

※:表示価格・内容は2020年6月26日現在の情報
各社が行なっているキャンペーン内容を比較すると、端末代金無料キャンペーンは3社共通で行なっているため、他のキャンペーンで比較する必要があります。

ブロードワイマックスは「初期費用無料キャンペーン」と、他社WiMAXから乗り換えの際に発生する解約金を負担してくれる「違約金負担キャンペーン」を実施しています。

カシモWiMAXは「月額料金割引キャンペーン」を、GMOとくとくBBは「高額キャッシュバックキャンペーン」を実施しています。

Point

月額料金はブロードワイマックスが最安

実質費用はGMOとくとくBBが最安

キャンペーン内容は各社で異なる

Broad WIMAXの公式サイトへ

カシモWiMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

総括:ブロードワイマックスの口座振替以外のメリットもしっかりと把握しよう

ブロードワイマックスアイキャッチ画像
ブロードワイマックスは口座振替での利用が可能ですが、結論としては、あえて口座振替でブロードワイマックスを利用するメリットは少ないです。

クレカ払いでは必要のない手数料が発生することに加え、口座振替によって適用外になってしまうキャンペーンもあるからです。

なので「口座振替以外の支払いは出来ない」という方以外は、支払い方法以外のメリットに着目してWiMAXを検討した方がお得にWiMAXを利用できます。

「契約中のWiMAXを乗り換えたい」という方や「どうしても口座振替でなければいけない」という方は、乗り換え違約金負担キャンペーンを行なっていて口座振替にも対応しているブロードワイマックスがオススメです。

「キャッシュバックを受け取って実質費用を抑えたい」という方は、最も実質費用が安いGMOとくとくBBがオススメです。

月額料金を抑えたい」という方は月額料金が最安のブロードワイマックスか、最安級プランを用意しているカシモWiMAXがオススメです。

Broad WIMAXの公式サイトへ

WiMAX業界最安級!Broad WiMAX!

Broad WiMAXのロゴ画像
Broad WiMAXの画像
プロパイダBroadWiMAX
月額料金月額2,726円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★
特徴・月額料金が最安級!
・最短ご契約当日からご利用可能!
キャンペーン初期費用18,857円無料

BroadWiMAXの公式サイトへ

Broad WiMAXの基本情報

項目基本情報
プロパイダBroad WiMAXのロゴ
月額料金2,726円~
使えるデータ容量ギガ放題プラン:無制限
通常プラン:7G
提供端末W06、WX05、W05
L02、WiMAX HOME 01、L01s
支払い方法口座振替
クレジットカード
au スマートバリュー mine適用可
auスマホ最大1,000円割引
総合評価★★★★
会社名株式会社リンクライフ

BroadWiMAXカテゴリの最新記事