WiFiの通信速度はどれくらいが快適?通信速度の目安と遅くなる時の原因を解説

WiFiの通信速度はどれくらいが快適?通信速度の目安と遅くなる時の原因を解説
WiFiの通信速度はどれくらいが快適?通信速度の目安と遅くなる時の原因を解説

WiFiの通信速度はどれくらいが快適?通信速度の目安と遅くなる時の原因を解説

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。

WiFiを使ってインターネットを繋げていて、なぜか通信速度が遅くなったということはないでしょうか。そういったときは、ルーターに問題があったり、通信制限にかかったりしている可能性があります。

通信制限に頻繁にかかっている方や通信速度に不便さを感じている方は、通信速度が速く通信制限が緩いモバイルWiFiに乗り換えの検討をおすすめします。

通信速度に不便を感じている方は、一度測定サイトでスピードを測ってみると良いかもしれません。動画を快適に閲覧するときに必要な通信速度は20Mbpsほどです。もしかすると、それを大幅に下回っているかもしれないですよ。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・31,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

WiFiの通信速度とは?

疑問の画像

アール教授
WiFiの通信速度はどのような仕組みなの?

WiFiの通信速度はどのような仕組みでどれくらいの通信速度があれば十分なのか詳しく紹介します。

仕組みと快適に利用できる目安

通信マーク

動作 快適に繋がる速度
メール
メールテーブル画像
128~1000Kbps
SNS
スマホテーブル画像
3Mbps
ネットサーフィン
ネット
1~10Mbps
Youtube
youtubeテーブル
1~20Mbps
オンラインゲーム
wifiマークテーブル画像
30Mbps

WiFiはパソコンやタブレット、スマホやゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器を無線でLANと呼ばれるローカルエリアネットワークに接続する技術のことです。

WiFiは通信速度が有線LANよりも遅く不安定ですが、電波が届く場所ならどこでも設置でき、ワンタッチで簡単に設定することができるので、その手軽さが人気となっています。

インターネットを快適に利用することができる通信速度はメールで1000Kbps(1Mbps)、SNSで3Mbps、ネットサーフィンで10Mbps、YouTubeで20Mbps、オンラインゲームで30Mbpsです。

WiFiの最大通信速度は1300Mbps(1.3Gbps)、一般的なWiFiの通信速度は150Mbpsなので、WiFiの通信速度でも快適なインターネット環境を手に入れることができます。

実際に測定してみる

調査画像

利用している回線の通信速度をネットで調べてみても、回線業者の発表している通信速度はベストエフォートという最高の通信環境の場合に出る最大の通信速度となっています。

実際の通信速度はエリアや通信環境によって大きく異なるので、通信速度を調べる場合は実際に測定サイトで測ってみることをおすすめします。

Point

WiFiは電波が届けばどこでも設置できる

WiFiの通信速度でも快適に利用できる

通信速度を調べる場合は測定サイトで測る

WiFiの通信速度が遅くなる原因と改善方法

確認画像

アール教授
WiFiの通信速度が遅くなる原因は?

ルーターが原因の場合

ルーター端末

WiFiの通信速度はルーターが原因であることが多いので、まずはルーターを確認することをおすすめします。

ルーターが原因の場合の改善方法を2つ紹介します。

改善方法①ルーターの位置を変える

窓際の画像

WiFiは端末から機器の距離が離れている場合や壁などの障害物がある場合に通信速度が遅くなってしまうので、まずはルーターの位置を変えてみることをおすすめします。

家の中央に設置したり、高い位置に設置すると、快適に使えるエリアが広がったり、障害物に遮られにくくなるので、エリアと障害物に注意しながらルーターを設置し直します。

端末に入ってくる電波が少ない場合は窓際に置くと電波が入りやすくなるので、端末から機器の距離が原因か端末に入ってくる電波が原因か見極めながら設置する必要があります。

改善方法②電波状況やエリア

エリア画像

WiFiは電波状況やエリアの影響によって通信速度が遅くなることがあるので、電波状況やエリアの影響で通信速度が遅くなる場合は電波状況が良くなるまで待つしかありません。

電波状況は有線に切り替えることで改善することもあるので、慢性的に通信速度が遅くなる場合は光回線などの有線LANに切り替えを検討することをおすすめします。

一時的な電波状況の悪化は時間が経てば改善することも多いので、一旦様子を見てみてどうしても改善しない場合は他社回線への乗り換えもおすすめします。

通信制限が原因の場合

通信制限の画像

WiFiがいきなり繋がりにくくなってしまった場合は、通信制限が原因の可能性が高いので、改善方法としては通信制限が解除されるまで待つしか方法がありません。

また、通信速度が遅い回線で重い作業をしている場合など、データ量を必要とする作業に対して通信速度が足りない場合もあるので、その場合は回線の乗り換えをおすすめします。

きちんと繋がっているものの、繋がっていないと勘違いしている場合もあるので、回線が繋がっているかどうかしっかりと確認する必要があります。

その他の原因の場合

疑問の画像

ルーターや通信制限以外にも、通信速度が遅くなってしまう原因はいくつかあります。

その他の原因の場合の改善方法を2つ紹介します。

改善方法①パソコン・スマホを買い替える

パソコンをいじる男性の画像

パソコンやスマホのOSが古かったり、更新プログラムが溜まっていると、通信速度が遅くなるので、バージョンアップやプログラムアップデートを行うことをおすすめします。

Windowsは設定の更新とセキュリティから、MacはAppleメニューのシステム環境設定から、iPhoneは設定の一般から、Androidは通知や設定からアップデートできます。

どの端末でも設定から情報やシステムなどを選択するとシステムのOSバージョンなどのスペックを確認することができるので、一旦バージョンを確認してみることもおすすめです。

改善方法②セキュリティの設定を変える

設定の画像

セキュリティソフトの設定が原因で動作が遅くなっている場合もあるので、その場合はセキュリティソフトのどの設定が原因なのか調べる必要があります。

ルーターやパソコンなどのセキュリティソフト設定を1つずつオフにしてみて、設定をオフにしたら速くなったものが原因なので、その設定だけ切っておくのがおすすめです。

また、複数のセキュリティソフトを使用していると遅くなってしまうことがあるので、使用している機器のスペックにあった動作の軽いものを1つだけ使用することがおすすめです。

Point

まずはルーターの設置位置を変えてみる

通信制限が原因の場合は乗り換えもおすすめ

OSやセキュリティの設定が原因の場合も

通信速度の速いモバイルWiFiはWiMAX

紹介する男性

アール教授
モバイルWiFiでも通信速度が速いWiMAXのメリットは?

モバイルWiFiの中でも特に通信速度が速いWiMAXのメリットを3つ紹介します。

メリット①速くて安い

通信速度画像

サービス名 下り最大
通信速度
月額料金
WiMAX
wifiテーブル画像
全国:440Mbps
一部:1.2Gbps
4,000円前後
Y!mobile
ワイモバイルテーブル画像
612Mbps~988Mbps 3,696円~4,380円
Yahoo! BB ADSL
(通常プラン)
yahoobbテーブル
8Mbps~50.5Mbps 3,128円~5,820円

WiMAXはモバイルWiFiの中でも、通信速度が速くて安く、全国下り最大440Mbps、一部地域最大1.2Gbpsの高速通信が可能となっており、月額料金も4,000円前後となっています。

WiMAXの下り最大1.2Gbpsの条件
  1. WiMAX端末「W06」使用
  2. ハイスピードプラスエリアモードに設定
  3. ハイパフォーマンスモードに設定
  4. 4×4MIMO設定をオンにする
  5. 東京・埼玉・愛知・大阪のエリアのみ
  6. USB Type-Cでの有線接続

Yahoo! BB ADSLの通信速度は下り最大約50Mbps、Y!mobileの通信速度は下り最大988Mbpsなので、全国はY!mobileよりも遅いですが一部地域では3社の中で1番速いです。

月額料金はYahoo! BB ADSLが3,000円から6,000円前後と幅広く、Y!mobileが3,500円から4,500円前後なので、一部地域の通信速度を考慮するとWiMAXが1番コスパが良いです。

通信速度はあくまで最大速度なので、エリアや電波状況によって変動することを覚えておきましょう。

メリット②通信制限が緩くデータ量実質無制限

通信速度画像

WiMAX通信モード 通信制限 制限後の通信速度
WiMAX2+
wifiテーブル画像
10GB/3日 10Mbps
au 4G LTE
wifiテーブル画像
7GB/1カ月 128kbps

WiMAXにはデータ量の制限がなく、通信制限は3日で10GBで通信制限中の通信速度は10Mbpsと緩くYouTubeの視聴やオンラインゲームなどをしない限り問題なく使えます

10GBを超えた場合でも、翌日18時頃までおよび、翌々日2時頃以降は速度制限なくご利用いただけます。また、翌日18時頃から翌々日2時頃の間も、概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)でご利用いただけます。

出典:通信制限ーUQ WIMAX

データ量の制限がないため月末まで通信制限が掛かることもなく、3日で10GBは余程使用しない限り掛からない上に通信制限は翌日の18時から2時までなので実質無制限です。

メリット③色々なところで使える

全国

WiMAXはエリアが広く、オプションのauLTEはデータ量の制限があるものの地下鉄や地下街などの地下エリアでも使用することができるので、色々なところで使うことができます。

自宅だけではなく、外出先などでも好きな時に好きな場所でインターネットに接続することができるので、その手軽さが大きな魅力となっています。

Point

通信速度が速く月額料金も安くコスパが良い

データ量の制限がなく実質無制限で使える

エリアが広く好きな時に好きな場所で使える

速度とスペック重視で選ぶWiFi3社をご紹介

紹介する男性画像

アール教授
通信速度が速くハイスペックなおすすめのWiFiは?

通信速度の速さとスペックの高さが魅力的なおすすめのWiFi3社を紹介します。

高額キャッシュバックならGMOとくとくBB

GMOとくとくBBMB画像

    特徴①高額キャッシュバック
    特徴②実質料金が安い
    特徴③最短即日発送

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックを実施しており、端末発送月を含む11ヶ月間利用するとキャッシュバックの案内メールが届き、翌月末には受け取ることができます。

GMOとくとくBBは月額料金が安く、データ量の制限のないギガ放題プランは契約から2ヶ月目まではデータ量制限のあるライトプランと同じ月額料金で利用することができます。

GMOとくとくBBは最短即日発送が可能で、申し込み情報に不備がなく端末の在庫がある場合はすぐに発送の手配をしてくれるので、すぐに利用することができます。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

乗り換えキャンペーンがお得なBroad WiMAX

ブロードワイマックスのキャンペーン画像

    特徴①月額料金が安い
    特徴②乗り換えキャンペーンで違約金負担
    特徴③いつでも解約サポートあり

Broad WiMAXは月額料金が安く、データ量の制限がないギガ放題プランでは契約から24ヶ月目まで月額料金の割引があり安くなっているのでお得に利用することができます。

Broad WiMAXには契約解除料負担の乗り換えキャンペーンがあり、他社からBroad WiMAXに乗り換えた場合に違約金を還元してくれるので、お得に乗り換えることができます。

Broad WiMAXにはいつでも解約サポートがあり、通信サービスに満足できなかった場合は違約金負担なしでBroad WiMAXが紹介する他社回線に乗り換えることができます。

Broad WIMAXの公式サイトへ

高速通信でネットが月額料金が安い!ネクストモバイル

ネクストモバイルのMB画像

    特徴①ソフトバンク回線で快適の高速通信!
    特徴②月額料金が安い!
    特徴③広いエリアで利用可能!

ネクストモバイルはSoftbank 4G LTEプラチナバンドに対応しており、安定した高速通信が可能となっているので、いつでもどこでも快適な通信サービスを利用することができます。

ネクストモバイルは月額料金が安く、利用スタイルに合わせたプランを選ぶことによって月額料金を大幅に抑えることができるので、通信費を節約したいという方におすすめです。

ネクストモバイルはソフトバンクの基地局を使って通信サービスを提供しているので、全国の幅広いエリアで利用することができ、主要都市のカバー率は99%以上となっています。

Point

キャッシュバックならGMOとくとくBB

他社から乗り換えならBroad WiMAX

月額料金を抑えるならネクストモバイル

通信速度を中心にWiFiおすすめ3社を比較

比較の画像

アール教授
通信速度が速いおすすめのWiFiを比較してみましょう!

通信速度が速いおすすめのWiFi3社の違いを比較して紹介します。

月額料金平均と実質費用を比較

お金の画像

モバイル
WiFi
プラン名 月額料金
(3年平均)
実質費用
(3年間)
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
4,208円 123,506円
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
3,537円 127,341円
ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
20GB
プラン
2,552円 94,900円
30GB
プラン
2,852円 105,700円

GMOとくとくBBは月額料金平均が3社の中で1番高いですが、実質費用はギガ放題プランがあるBroad WiMAXよりも安いので、使い放題で実質費用を抑えたい方におすすめです。

Broad WiMAXは月額料金平均がギガ放題プランのあるGMOとくとくBBよりも安いですが、実質費用は3社の中で1番高いので、使い放題で月額料金を抑えたい方におすすめです。

ネクストモバイルは月額料金平均も実質費用も3社の中で1番安いですが、使い放題プランを終了しているので、使い放題じゃなくてもいいから安くしたい方におすすめです。

ルーターの通信速度と重量を比較

比較の画像

サービス名 ルーター機種 下り最大
通信速度
重量
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
W06
(モバイル)
1.2Gbps 約125g
WX06
(モバイル)
440Mbps 約127g
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
W06
(モバイル)
1.2Gbps 約125g
WX06
(モバイル)
440Mbps 約127g
ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
HT110LN
(モバイル)
150Mbps 約200g
FS030W
(ホーム)
150Mbps 約128g

GMOとくとくBBは最大下り速度がネクストモバイルよりも速く、重量も軽いので、速くて軽いモバイルルーターを利用したい方には特におすすめです。

Broad WiMAXはGMOとくとくBBと同様に最大下り速度がネクストモバイルよりも速く、重量も軽いので、速くて軽いモバイルルーターを利用したい方には特におすすめです。

ネクストモバイルは最大下り速度がWiMAX系よりも遅く、モバイルルーターの重量も重いですが、ホームルーターはWiMAX系のモバイルルーターと同じくらいの軽さです。

データ量と通信制限を比較

パソコン系の画像

モバイル
Wi-Fi名
下り最大
通信速度
データ量 通信制限
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
全国:440Mbps
一部:1.2Gbps
無制限
(実質)
10G/3日で制限
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
全国:440Mbps
一部:1.2Gbps
無制限
(実質)
10G/3日で制限
ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
150Mbps 20GB
30GB
なし※

※:月間容量を超えた場合に制限がかかる

GMOとくとくBBはデータ量が実質無制限ですが、3日で10GBの通信制限があり、3日で10GBを超えた翌日の18時から2時まで通信制限が掛かってしまいます。

Broad WiMAXはGMOとくとくBBと同様にデータ量が実質無制限ですが、3日で10GBの通信制限があり、3日で10GBを超えた翌日の18時から2時まで通信制限が掛かります。

ネクストモバイルはデータ量が20GBか30GBと制限がありますが、3日で10GBの通信制限はないので、月間の通信量に気を付けていれば制限が掛かることはありません。

Point

月額料金も実質費用も安いネクストモバイル

通信速度が速いWiMAX系プロバイダ

WiMAX系プロバイダは実質無制限

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

Broad WIMAXの公式サイトへ

ネクストモバイルの公式サイトへ

総括:通信速度が改善しないなら乗り換えを!

ポイントの画像

アール教授
通信速度が改善しないなら思い切って乗り換えることもおすすめ!

WiFiの通信速度は、通信環境を変えたり、パソコンやスマホのアップデートを行ったり、セキュリティソフトの設定を変更したりすることで改善することがあります。

さまざまな改善方法を試してみても改善しない場合は、WiMAXのような通信速度が速いモバイルWiFiへの乗り換えをおすすめします。

キャッシュバックで実質費用を抑えたい方はGMOとくとくBB、乗り換えキャンペーンで違約金負担をなくしたい方はBroad WiMAXがおすすめです。

自分に合った回線やプロバイダで契約して、通信速度の遅さから開放された快適な通信サービスを利用しましょう!

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・31,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBのQ&A

 
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

簡単です。 WiMAX 2+端末機器に同梱のSIMカードをセットして電源を入れたら、通信を行いたい機器の設定をするだけです。 設定マニュアルも同梱してあるのでご安心ください。

プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しております。

通常4営業日以内に順次発送いたします。 お選びいただく端末機器によっては、平日15時30分、土日祝日14時までのお申込み完了で「即日発送」も可能です。 ご利用可能な場合にはお申込み手続き内の「WiMAX端末の発送方法をご選択ください」の欄にてご確認ください。

お支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなっております。 クレジットカードをお持ちでないお客さま向けに、クレジットカードが同時に発行できるキャンペーンも実施中です。

スマートフォンのキャリアに関係なく「Wi-Fi」を受信できる機器であれば、スマートフォン・PC・タブレット・ゲームなどでご利用可能です。

引用元:GMOとくとくBB WIMAX公式HP https://gmobb.jp/lp/gentei8/

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報

項目基本情報
プロパイダ名GMOとくとくBBのロゴ
月額料金月額3,609円~
使えるデータ容量ギガ放題プラン:無制限
通常プラン:7G
提供端末W06、WX05、W05
L02、WiMAX HOME 01、L01s
支払い方法クレジットカード
総合評価★★★★★
au スマートバリュー mine適用可
auスマホ最大1,000円割引
会社名GMOインターネット株式会社

モバイルWi-Fiカテゴリの最新記事