【号外】どんなときもWiFiが遅いは間違い!?利用者の実際の声を徹底調査!

どんなときもWiFiのMB画像
アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。

無制限でネットが使用できるオススメのモバイルWiFiはどんなときWiFi。

どんなときもWiFiの契約を検討している人で気になることは通信速度が「遅い」のではないのかという点。

結論から言うとどんなときもWiFiの通信速度は「速い」ですが、様々な要因で通信速度が遅くなることがあります。

今回は通信速度が遅くなる原因と対策について紹介していきます。

どんなときもWi-Fi_ロゴ
どんなときもWi-Fiの画像
プロパイダどんなときもWi-Fi
月額料金月額3,480円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★
特徴・ネットが使い放題
・120ヵ国以上で利用可
キャンペーン・2年間月額料金割引

どんなときもWi-Fi

どんなときもWiFiは遅い?

男性(疑問)
どんなときもWiFiの通信速度が気になるという方も多いのではないでしょうか。

アール教授
通信速度を数字で見てみましょう。

まずはどんなときWiFiの通信速度を確認

WiFiの画像
エリア 通信速度
全国
人口
下り150Mbps
上り50Mbps

通信速度の最大値は、ネットを快適に利用するには十分の数値ですが、他社と比べると若干劣っています。

しかし、どんなときもWiFiはクラウドWiFiを利用しているので、広いエリアで通信が安定します。

本来は端末(ルーター)にSIMカードを挿入して利用しますが、どんなときもWiFiはクラウドSIMという仕組みで、そのエリアで最適なSIM情報を適用させます。

速度が安定するエリアが広いので、結果的に早いと感じることが多いでしょう。

どんなときWiFiと他回線の通信速度を比較

紹介する男性
通信サービス名 通信速度
(下り)
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
下り:150Mbps
上り:50Mbps
光回線
フレッツ光の画像(テーブル)
下り:1Gbps
上り:1Gbps
WiMAX
WiMAXの画像(テーブル)
下り:440Mbps
上り:75Mbps

他社回線の速度を比べると数値は若干劣ります。

しかし、ソフトバンクなどの3大キャリア回線を利用できるクラウドWiFiのおかげで、どこにいても最適な回線を自動でつかみます。

他社のルーターはひとつのキャリア回線を利用していることがほとんどなので、クラウドはどんなときもWiFiの最大の特徴と言えるでしょう。

その特徴により、いつでもどこにいても通信を早いと感じる人が多いです。

通信速度は20Mbpsで快適にネットが利用可能

通信(スマホ)
用途 必要通信速度
YouTube4K動画
youtubeの画像
20Mbps
メールやライン
LINEの画像
128kbps~1Mbps
Webサイトを閲覧
ネット
1Mbps~10Mbps
用途 必要通信速度
快適にネットを使用
WiFiの画像(テーブル)
20Mbps

実は20Mbpsあれば、快適にネットが使えます。

10Mbpsで、メールやラインやウェブサイトの閲覧もスムーズに利用できます。

20MbpsあればYouTubeなどの高画質動画も見られるので、普段使いではどんなときもWiFiの通信速度でも十分な速度です。

さらにワイマックスの440Mbpsは、理論上は十分すぎるくらいの通信速度と言えますね。

Point

どんなときもWiFiは広いエリアで安定した速度

3大キャリア回線が利用可能なので早いと感じる

通信速度は20Mbpsあれば快適にネットが使える

どんなときもWiFiが遅いと感じる人を徹底調査

契約
どんなときWiFiの通信速度を知るため、実際の利用者の声をみながら実際は遅いのか、それとも速いのか見ていきます。

アール教授
通信速度は遅いの?それとも速いの?実際の口コミで確かめましょう。

速度が遅いと感じる人の口コミ

男性

基本的には不便なく通信できますが、電車内やエリアによっては通信が遅く感じる場合があるようです。

その場合は、場所を移動したり、端末を再起動したりすると改善することがあります。

それでも改善しない場合は、単純に電波が届きにくいエリアの可能性があります。

速度が速いと感じる人の口コミ

落ち込む男性

どの時間帯でも通信が安定しているという口コミが多く見られました。

なかには時間帯によっては、光インターネットより早く感じたという声も。

どんなときもWiFiは3大キャリア回線のなかから、最適な回線に自動に切り替わるので、安定した速度を保てます。

どんなときWiFiとWiMAXの口コミ比較

ルーター端末

どんなときもWiFiが、WiMAXよりも早く感じたという口コミも多く見られました。

建物内や電車内でも通信が速いのは、モバイルWiFiとクラウドWiFiの違いが大きなポイントになるでしょう。

クラウドWiFiは複数のSIMカードを適用できるので、データ容量に制限もなく、エリアごとに最適なSIMを自動で適用できます。

それにより、ドコモ回線が強いエリアではドコモ、ソフトバンク回線ならソフトバンクと適用されるのです。

Point

エリアによっては通信が弱いエリアもある

どの時間帯でも通信速度が安定している

WiMAXより早く感じたという人が多い

どんなときもWiFiが遅くなる原因と対策

通信制限の画像
口コミにはどんなときもWiFiが遅いと感じる人もいたため、遅くなる原因を調査しました。

アール教授
遅くなる原因や対策を知っておきましょう。

通信速度が遅くなる原因

指を立てる男性
通信速度が遅くなるのは様々な原因が考えられます。

原因①利用場所の電波が遅い

WiFiが遅いときの画像
どんなときもWiFiは、ソフトバンク・au・ドコモのネットワーク/LTE回線に対応していて、場所によって最適な回線に自動で切り替わります。

ひとつのキャリアに縛られないので、より広いエリアで安定した通信が実感できるでしょう。

しかし、場所によってはエリア内でも速度が遅くなってしまう場合もあります。

建物内など電波の届きにくい場所や、一部で利用できない地域もあるので、公式サイトから対応エリアを調べてみましょう。

原因②クラウドSIMシステム障害

どんなときもWiFiのクラウドWiFiの画像
どんなときもWiFiはシステムの性質上、多数の会社のサービス利用しているので、そこでのシステム障害の可能性もあります。

実際に障害があった例もあります。2019年8月クラウドSIMのリソース不足で一部のユーザーに接続障害、2019年9月台風15号でのキャリア設備障害

公式サイトやツイッターで、障害の情報は確認できるので調べてみましょう。

原因③端末の問題

どんなときもWiFiの端末画像
利用するエリアやシステム障害でもないのに、通信が遅くなったと感じたら、端末自体に問題がある可能性があります。

端末ルーター本体に何かしらのトラブルが発生していると、接続が不安定になることも。

通信速度を改善する方法を試せば、うまく接続される場合があるので試してみましょう。

通信速度の対策方法

紹介する女性
どんなときもWiFiの通信速度が、遅くなったと感じたときの対策をご紹介します。

端末に問題がある場合が多いので、電波の良い場所へ動かしたり、電源を入れ直したりしてみましょう。

それで改善されない場合は、使用するエリアの問題の可能性があるので、乗り換えるなども方法もあります。

同じ回線に乗り換えるのは不安という方には、他社への乗り換えもおすすめです。

対策①窓際など電波状態の良い場所へ端末を移動

モバイルルーター(端末)の画像
端末のWiFi表示ランプが消灯していると、圏外になっています。

建物の奥や、地下などは電波が届きにくい場合があるので、端末を電波が届きやすい場所へ移動してみましょう。

建物内でも窓際や高い場所、建物の外に移動してみるとうまく接続できる場合があります。

それでも電波が改善されなければ、端末の再起動をしてみましょう。

対策②端末を再起動する

どんなときもWiFiの端末画像
端末を再起動すると接続できるようになる場合があります。

再起動の方法は、端末の電源ボタンを3秒長押しして電源を入れます。

そして、リセットボタンを5秒長押しして、WiFiランプが点灯したら再起動完了です。

端末を再起動することにより、溜まった熱を放出したりチャンネルに再接続したりできます。

  1. 端末の電源をONにする
  2. リセットボタンを5秒間押す

対策③いつでも解約サポートで他社へ0円乗り換え

どんなときもWiFiのいつでも解約サポート画像
万が一、どんなときもWiFiに満足できなかった場合には、いつでも解約サポートがおすすめ。

解約サポートは通信速度が遅いなどの理由で、他社インターネットへ乗り換える場合に違約金を負担してくれるサービスです。

契約後はいつでも申し込めるので、乗り換えのタイミングに迷う必要がありません。

それに、利用状況に応じて最適な回線を提案してもらえるので、安心して乗り換えられます。

Point

いつでも解約サポートで違約金0円乗り換え

契約後はいつでも申し込み可能

利用状況から最適な回線を提案

どんなときもWiFiと他社モバイルWiFiをご紹介!

比較の画像
どんなときもWiFiと他社モバイルWiFiにはどんな違いがあるのでしょうか。

アール教授
各社に特徴があります。

3大キャリアの回線でネット無制限|どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのMB画像

モバイル
WiFi名
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
キャンペーン
内容
【クレカ払い】
月額930円割引
【口座振替】
月額430円割引
期間終了未定
キャンペーン
注意点
余儀なく終了する
可能性あり
    特徴①ネットが完全無制限
    特徴②月額料金割引キャンペーン
    特徴③3大キャリアの回線を使用

どんなときもWiFiは株式会社グッド・ラックが運営するプロバイダで、ネット完全無制限などの特徴があります。

3日以内の合計通信量が10GB以上で制限がかかるなどもなく、ネットが完全制限で利用できます。

さらに、月額割引キャンペーンで、クレジットカード払いだと契約満了まで割引が続くのもポイントです。

最大の特徴としては、3大キャリアの回線を使用して通信する、クラウドWiFiシステムでしょう。

これにより、エリアごとに最適な回線を掴んで、快適な通信を利用できます。

月額料金が安い|ブロードワイマックス

Broad WiMAXのMB画像

プロパイダ名Broad WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
キャンペーン
内容
・初期費用18,857円割引
・端末代金0円
・違約金負担キャンペーン
期間2016年3月1日〜
キャンペーン
注意点
指定オプション加入が必要
    特徴①3年間トータルの平均料金が安い
    特徴②セット割やスマートバリューが適用できる
    特徴③いつでも解約サポートで違約金0円

ブロードワイマックスは、株式会社Link Lifeが運営するプロバイダで、3年間の平均月額料金が安いのが大きな特徴です。

もともとの基本料金設定が低いのに加え、各種割引が適用できるので、低料金で利用できます。

万が一通信に満足できなくても、条件を満たしていればいつでも解約サポートで0円へ他社に乗り換えられます。

高速通信でネットが無制限|ネクストモバイル

ネクストモバイルのMB画像

モバイルWiFi名ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
キャンペーン
内容
端末代金無料キャンペーン
期間終了未定
キャンペーン
注意点
特になし
    特徴①ソフトバンク回線で快適の高速通信!
    特徴②ネットが無制限!
    特徴③広いエリアで利用可能!

ネクストモバイルは、株式会社グッド・ラックが運営している、ソフトバンク回線を利用したプロバイダです。

圧倒的なコスパと、ソフトバンク回線の安定した通信が特徴で注目を集めています。

選べる3つのプランや、端末ルーターのバッテリー持ちの良さなども定評があるので、こちらもおすすめポイントです。

Point

どんなときもWiFiはネット無制限

ブロードワイマックスは月額料金が安い

ネクストモバイルは3つのプランでお得

どんなときもWiFiとおすすめモバイルWi-Fiを比較

どんなときもWiFiとおすすめのモバイルWiFiを比較してみました。

アール教授
月額料金と通信速度に注目しましょう。

3年間の月額料金を比較

モバイル
Wi-Fi名
プラン名 月額料金
3年間平均
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
データ放題
プラン
3,646円
Broad WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
3,572円
ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
20GB
プラン
2,500円
30GB
プラン
2,955円
使い放題
プラン
3,266円

どんなときもWiFiは、3社の使い放題のなかでは3番目の安さです。

しかし、3大キャリア回線が適用できるので、より広いエリアで安定して通信ができます。

ブロードワイマックスは2番目の安さになりますが、通信速度の最大値が高く、料金も抑えられるのでバランスが良いプロバイダです。

ネクストモバイルは、3社のなかでは最安値のプランを提供しています。

とにかく安くネットを使いたいという人におすすめです。

通信速度・通信量を比較

比較の画像
モバイル
Wi-Fi名
通信速度 データ量
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
下り:最大150Mbps 完全無制限
Broad WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
下り:最大440Mbps 実質無制限
(ギガ放題)
ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
下り:最大150Mbps ・20GB
・30GB
・完全無制限

どんなときもWiFiは、3日で10GBなどの制限もなく、完全無制限で利用できます。

通信速度に関しても、20Mbpsあれば快適にネットを使えると言われているので、普段使いには申し分ないでしょう。

ブロードワイマックスは、3社のなかで通信最高速度が最も速いです。

しかし、直近3日間で合計10GB以上の通信があった場合は、翌日のネットが混雑する時間帯は低速に制限されてしまいます。

ネクストモバイルの通信速度は、数値ではどんなときもWiFiと同じです。

通信の完全無制限と月額料金の安さが大きなポイントと言えるでしょう。

Point

どんなときもWiFiは完全無制限で速度も十分

ブロードワイマックスは最高速度が高いが制限に注意

ネクストモバイルは全無制限で速度も十分

総括:どんなときもWiFiが遅いと感じる人は対策が重要

どんなときもWiFiが遅いと感じた人は、電波の良い場所へ移動したり端末を再起動したりして、まずは改善方法を試してみましょう。

それでも改善されない場合はいつでも解約サポートの利用もおすすめ。

基本的に通信速度は20Mbpsあれば快適にネットを利用できるので、150Mbpsのどんなときもは遅くはありません。

それにエリアによって、3大キャリア回線から最適な回線を掴み、より広い安定するのでむしろ早く感じることが多いでしょう。

どうしても速度が改善されない場合は、いつでも解約サポートを利用すれば、違約金0円で乗り換えもできます。

乗り換え先は、より速い速度で通信したい場合はブロードワイマックス、とにかく安く使いたい場合はネクストモバイルもおすすめですよ。

どんなときもWi-Fi_ロゴ
どんなときもWi-Fiの画像
プロパイダどんなときもWi-Fi
月額料金月額3,480円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★
特徴・ネットが使い放題
・120ヵ国以上で利用可
キャンペーン・2年間月額料金割引

どんなときもWi-Fi

当記事は下記URLページの情報を参考に作成しております。
参照URL:
https://support.broad-isp.jp/wimax/limit/band_limitation.php
https://support.donnatokimo-wifi.jp/payment/
https://next-mobile.jp/charm/#charm3
https://wimax-broad.jp/price/
http://xn--wimax-3m4d8gweqc7lu151akd4h.net/donnnatokimo-wifi-wimax.html