光回線の料金は高い?値段の相場や安くする方法について徹底解説!

光回線の料金は高い?値段の相場や安くする方法について徹底解説!
光回線の料金は高い?値段の相場や安くする方法について徹底解説!

光回線の料金は高い?値段の相場や安くする方法について徹底解説!

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。


光回線の料金が高いとお悩みではないでしょうか?

光回線の値段が高いように感じる場合は、まず光回線の値段の相場をチェックし、現在の自分の契約内容と照らし合わせてどのくらい高いのかを調べましょう。

光回線の値段を安くしたいなら、他社の光回線に乗り換えてみるのも1つの方法としておすすめです。

こちらでは、光回線の値段の相場や、値段を安くする方法について紹介いたします。

光回線の値段はどのくらいかかる?

疑問の画像
光回線の月額料金は「回線料金+プロバイダ料金+工事費(分割の場合)」で決まり、フレッツ光は「月額利用料」と「初期費用」がかかります。

アール教授
光回線の月額料金などについて紹介します。

光回線の値段の決まり方

お金の画像
光回線の月額料金は、「回線料金+プロバイダ料金+工事費(分割の場合)」で決まります。戸建て向けプランと集合住宅向けプランによって料金は異なります。

最近ではプロバイダ体型の契約も多く、その場合は単純に光回線の料金と工事費を合わせた金額になります。

更新月以外で解約の場合、解約金が必要になるので注意してください。

光回線の月額使用料

期間とお金の画像

回線タイプ
(フレッツ光)
月額料金
相場
戸建て
戸建て
4,300円
(別途プロバイダとの契約必要)
マンション
マンション
3,700円
(別途プロバイダとの契約必要)

上記の表は、フレッツ光の料金についてまとめています。フレッツ光の利用では、「月額利用料」と「初期費用」が必要です。

初期費用は、プロバイダとの契約・料金と工事費です。月額利用料は、月々の利用料金とプロバイダ利用料金を合わせたものになります。

プロバイダ料金は500〜1,200円程度となります。

光回線の工事費

工事費用の画像

工事内容
(フレッツ光)
工事費
派遣工事あり
(屋内配線の工程あり)
工事テーブル画像
18,000円
派遣工事あり
(屋内配線の工程なし)
工事テーブル画像
7,600円
無派遣工事
工事スタッフの画像
2,000円

上記の表は、フレッツ光の工事費についてまとめています。工事費は工事内容によって大きく異なります。工事の業者を派遣し、屋内配線の工事があると工事費が高くなります。

また、昼間(8:30~17:00)は工事費の加算はありませんが、夜間の時間帯や年末年始の場合通常の工事費に加算分の料金が加わるので、工事費が高いです。

一番安いのは、工事の派遣がない場合です。

Point

プロバイダ体型の契約も多い

プロバイダ料金は500〜1,200円程度

工事の業者を派遣があると工事費が高い

光回線の値段が高いと感じた時の対処法

驚く男性の画像
プロバイダを変えたり他の光回線に乗り換えるなどの対処法を紹介していきます。

アール教授
ここでは値段を安くするための方法を3つ紹介します。

対処法①不要なオプションがないか確認する

オプションの画像
光回線の値段が高いと感じた時の対処法としては、不要なオプションがないか確認をしましょう。

光回線の料金が高くなってしまっている理由として、契約時に不要なオプションに加入して、そのままにしている場合があります。

契約内容を確認し、不要なオプションがあれば解約をしましょう。不要なオプションを解約すると料金を下げられます。

対処法②プロバイダを変えてみる

プロバイダーの画像
フレッツ光のようにプロバイダが別契約の光回線の場合は、プロバイダを変更することで料金が安くなります。

プロバイダが別契約の光回線の場合、月々の利用料金にプロバイダ料金が含まれています。プロバイダ料金には幅があるのです。

安いところと契約をすれば、月々の料金も抑えることができるでしょう。

対処法③他社の光回線に乗り換える

乗り換え時の画像
光回線の値段が高いと感じた時の対処法として不要なオプションを確認することと、プロバイダを変更することをおすすめしました。

しかし、ここまでの2つの対処方法以上に安くしたい人もいると思います。また安くするために契約内容の確認が面倒だという人もいるでしょう。

そのような場合には、解約して他社の光回線に乗り換える事で、料金を安くすることができます。

Point

料金が高いと不要なオプションがないか確認

プロバイダを変更することで料金が安くなる

他社の光回線に乗り換える

値段の安い光回線に乗り換える時のポイント

ポイントの画像
ここでは、今のキャリアから乗り換えて値段が安くなるポイントを2つ紹介します

アール教授
セット割やキャンペーンについて紹介します。

スマホのセット割が適用される光回線を選ぶ

スマホキャリア セット割のある光回線
au
auテーブル
auひかり
ドコモ
ドコモのロゴ
ドコモ光
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ画像
ソフトバンク光
NURO光
ワイモバイル
ワイモバイルテーブル画像
ソフトバンク光

上記の表は、スマホとのセット割が組める光回線についてまとめています。各光回線では、スマホとのセット割があります。

光回線によって、割引対象となるスマホキャリアが異なります。このため、スマホのキャリアに合わせて光回線を選ぶと良いでしょう。

スマホのキャリアに合わせて光回線を選ぶと、毎月料金の割引を受けられるので、おすすめです。

光回線のキャンペーンで選ぶ

キャンペーン

アール教授
様々なキャンペーンを見ていきましょう。

違約金還元キャンペーン

お金の画像
光回線のキャンペーンに、違約金還元キャンペーンがあります。光回線によっては他社の違約金を還元するキャンペーンがあるのです。

更新月での解約は違約金の支払いがないため、他社への乗り換えも無料です。しかし、契約途中で解約をすると、違約金が発生します。

違約金は高額なケースが多いので、乗り換えるなら違約金還元のある光回線がおすすめです。

工事費の割引キャンペーン

工事費画像
新規契約をすると工事費がかかりますが、工事費の割引キャンペーンを実施している光回線があります。

工事費の割引には完全に0円となるものと、分割支払いから割引する実質0円のものがあります。どちらの場合も工事費の支払いはないです。

実質0円の場合は、工事費の分割期間内に解約すると残債の清算が必要になります。

高額キャッシュバック

お金の画像
光回線のキャンペーンに高額キャッシュバックがあります。代理店によってキャッシュバック金額が異なります。

同じ光回線でも契約をする代理店が異なれば、数万円ものキャッシュバック金額の違いが出る場合もあるのです。

キャッシュバックの条件も確認し、1番お得な申し込み窓口で申し込みをしましょう。

Point

スマホのセット割が適用される光回線を選ぶ

工事費の割引キャンペーンを利用する

キャッシュバックの条件を確認する

乗り換えがお得で値段の安い光回線を紹介

紹介する男性
ここでは、主に値段が安くておすすめな光回線を4つ紹介します。

アール教授
auひかりやドコモ光について詳しく紹介していきます。

auひかり

auひかりnnコミュニケーションズ画像

    特徴①下り最大10Gbpsの超高速回線
    特徴②他社違約金還元+高額キャッシュバック
    特徴③auスマホとセットで割引される

auひかりの魅力は回線の速さ。高速通信に対応して、下り最大10Gbpsの超高速回線です。下り最大10Gbpsの出るプランは、提供エリアが東京、神奈川、埼玉、千葉の一部エリアです。

キャッシュバックもあり、KDDI正規代理店NNコミュニケーションズからの契約で高額キャッシュバックを受け取れます。

さらに、auひかりは、auスマホとセット割引があり、auひかりとauスマートフォンをセットで利用すると、割引を受けることが可能です。

auスマートバリューとは、対象のデータ(パケット)定額サービスや料金プランなどにご加入のau携帯電話と、「auひかり」やご自宅のインターネット(ネット+電話)または「auスマートポート★1」とセットでのご利用で、au携帯電話のご利用料金を割り引くサービスです。

出典:auスマートバリューーauひかり公式

一時的な割引ではなく、継続的に割引を受けられるので、通信費の支払いを抑えられます。さらに他社から乗り換えた際には、違約金の負担があります。

auひかりの詳細はこちら

ドコモ光

ドコモ光MV画像

    特徴①超高速10ギガプラン
    特徴②指定オプションで高額キャッシュバック
    特徴③ドコモスマホとセットの割引

ドコモ光は、フレッツ光回線またはケーブルテレビの設備を使ってドコモが提供しているプロバイダ一体型のインターネット回線です。基本プランは最大1Gbpsと十分な速度でネットを楽しむことができます。

一部地域の提供ですが、最大10ギガの高速プランもあるので複数のデバイスでの大容量通信も期待できるでしょう。

さらに、スマホと一緒に契約をすることで、セット割引が組めるので、通信費の節約につながります。ただし割引対象のスマホキャリアはドコモのみとなっています。

また、GMOとくとくBBホームページからドコモ光を申し込むと、キャッシュバックキャンペーンを受けることができます。ドコモ光と同時に指定オプションである映像サービスと一緒に申込と最大20,000円の増額が見込めます。

ドコモ光の詳細はこちら

ソフトバンク光

ソフトバンク光公式

    特徴①下り最大1Gbpsの高速回線
    特徴②他社違約金還元+高額キャッシュバック
    特徴③ソフトバンクスマホとセットの割引

ソフトバンク光はフレッツ回線を利用しているサービスで、全国の広いエリアで利用できます。このため利用者も多くいます。

回線速度も速く、最大1Gbpsの高速回線で、フレッツ光と同品質の高速回線です。速度が遅いとストレスを感じることもなく満足して利用できるでしょう。

ソフトバンク光は、他社からの乗り換えの際に解約金の還元があるので、気軽に乗り換えができます。

さらに、SoftBank光正規代理店エヌズカンパニーからの新規お申込みで高額なキャッシュバックを受けることができますし、ソフトバンクスマホとのセット割引もあり通信費を節約できます。

ソフトバンク光の詳細はこちら

NURO光

nuro光MB

    特徴①下り最大10Gbpsの超高速回線
    特徴②高額キャッシュバック
    特徴③ソフトバンクスマホとセットの割引

速度を重視したいなら、NURO光がおすすめです。超高速回線下り最大10Gbpsの超高速回線に対応しているため、インターネットをストレスなく利用することができます。

ただし、NURO光は提供エリアが限られているため、全国の広い範囲での利用ではありません。利用を検討する場合、自分の利用するエリアは範囲に入っているかを確認しましょう。

NURO光は、キャッシュバックを実施しています。公式サイトでの申し込みで、開通から6ヶ月後に高額なキャッシュバックを受けることが可能です。

さらに、スマホとのセット割があり、ソフトバンクスマホと同時に契約をすることによって、割引を受けることができます。

Point

ソフトバンク光は解約金の還元あり

ドコモ光は高速プランがある

NURO光はスマホとセットの割引あり

NURO光の詳細はこちら

NURO光マンションの詳細はこちら

乗り換えがお得で値段の安い光回線を比較

比較の画像
ここでは、値段の安い光回線を3つの観点から比較していきたいと思います。

アール教授
月額料金やスマホのセット割などについて比較していきます。

月額料金で比較

月額(お金)

光回線 月額料金
auひかり
auひかりのロゴ
戸建て:5,200円
マンション:3,400円〜
ドコモ光
ドコモ光のロゴ
戸建て:5,200円
マンション:3,800円〜
ソフトバンク光
ソフトバンク光のロゴ
戸建て:5,200円
マンション:3,800円
NURO光
NURO光のロゴ
NURO光:4,743円
NURO光forマンション:1,900円〜

上記の表は、月額料金の比較についてまとめています。戸建てとマンションの月額料金を見ると、一番安いのが、NURO光です。

ドコモ光とソフトバンク光、auひかりは、戸建ての料金が同じです。マンションタイプはソフトバンク光だけが定額となっています。

NURO光のマンションプランは、その集合住宅の利用者人数によって月額料金が変わる仕組みがあるので注意する必要があります。

NURO光の詳細はこちら

NURO光マンションの詳細はこちら

スマホのセット割で比較

スマホとお金の画像

光回線 スマホ
キャリア
スマホ割名 最大割引額
ソフトバンク光
ソフトバンク光のロゴ
ソフトバンク おうち割
光セット
最大1,000円
auひかり
auひかりのロゴ
au auスマート
バリュー
最大1,000円
ドコモ光
ドコモ光のロゴ
ドコモ ドコモ光
セット割
最大1,000円
NURO光
NURO光のロゴ
ソフトバンク おうち割
光セット
最大1,000円

上記の表は、スマホのセット割の比較についてまとめています。auひかり、ドコモ光、ソフトバンク光、NURO光、それぞれの回線における割引についてまとめています。

auひかり、ドコモ光、ソフトバンク光、NURO光の各回線ともスマホのセット割引があり、割引の最大金額も同じです。

ただし、各回線ではセット割引になるスマホのキャリアが異なります。キャリアに合わせた回線を選ぶと良いでしょう。

ドコモ光の詳細はこちら

キャンペーン工事費で比較

工事費用の画像

光回線名 工事費 キャンペーン割引
auひかり
auひかりのロゴ
37,500円 初期費用相当額割引
実質0円
ドコモ光
ドコモ光のロゴ
18,000円 新規工事費無料
完全0円
ソフトバンク光
ソフトバンク光のロゴ
24,000円 乗り換えキャンペーン
実質0円
NURO光
NURO光のロゴ
40,000円 月額割引キャンペーン
実質0円

auひかりは工事費用を月額料金から割引してくれるため負担額は実質0円です。ドコモ光は新規工事費無料で完全0円となります。

ソフトバンク光とNURO光関してもauひかりと同様に工事費が月額料金から割引されるため実質0円になります。

ただし、実質0円では途中解約した場合に工事費の残債分を支払うことになるので、注意が必要です。

Point

各回線ともスマホのセット割引がある

各回線とも工事費無料

途中解約した場合は工事費残債分を支払う

auひかりの詳細はこちら

ソフトバンク光の詳細はこちら

総括:光回線の値段を安くしたいならauひかりがおすすめ

auひかり公式画像
使っている光回線の値段が高い場合は乗り換えで安くすることができ、中でもキャンペーンの豊富なauひかりがおすすめです。

auひかりは、ほかの回線と比較して高額なキャッシュバックがあります。ドコモ光は、下り最大1Gbpsの高速回線です。ソフトバンク光は他社からの乗り換えで、違約金の負担があります。

NURO光は公式サイトでの申し込みで、高額なキャッシュバッグを受けることが可能です。自分に合った光回線を契約しましょう。

auひかりの詳細はこちら

auひかりのロゴ画像
auひかりの画像
回線名auひかり
月額料金戸建て:5,200円
マンション:4,100円
通信速度最大1Gbps
光回線評価★★★★★
特徴・月額料金がスマホとセットで超お得!
・対応エリアが全国
キャンペーン最大52,000円
キャッシュバック

auひかりのお申込みサイトへ

光回線カテゴリの最新記事