光コラボの通信速度って速い?速度が遅い原因や口コミを徹底調査!!

光コラボの通信速度って速い?速度が遅い原因や口コミを徹底調査!!
光コラボの通信速度って速い?速度が遅い原因や口コミを徹底調査!!

光コラボの通信速度って速い?速度が遅い原因や口コミを徹底調査!!

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。


光コラボはフレッツ光と同じ回線を利用する光回線のため、高速で安定した通信ができるのが特徴となっています。

しかし、光コラボとフレッツ光とでは同じ光回線を利用しているにも関わらず、速度に差が出る場合があります。

一部ではフレッツ光から光コラボに変えて、速度が遅くなったという口コミも見られます。

なぜ、このような速度の差ができるのでしょうか?

こちらでは、光コラボの速度が低下する原因や対処方法について紹介いたします。

光コラボは遅い?気になる速度を徹底調査!

調査の画像

光コラボの速度は遅いのか、速いのか気になっている人もいるでしょう。ここでは、光コラボの気になる速度を徹底調査します。

アール教授
光コラボについて掘り下げていきましょう!

光コラボはフレッツ光と同じ回線

回線

光回線名 フレッツ光
フレッツ光の画像(テーブル)
標準的な
プランの速度
下り最大1Gbps
一部地域 下り最大10Gbps

上記の表は、光コラボの速度についてまとめています。光コラボはフレッツ光回線を利用したサービスです。速度はフレッツ光と同じです。

フレッツ光は一般的には下り最大1Gbpsで、一部地域では下り最大10Gbpsの高速回線が利用できます。

ただし、この速度は最大であって、通常時もいつもこの速度が出るわけではありません。通信環境などによって速度は多少変わります

光コラボの速度に関する評判

通信速度画像

光コラボの速度に関する評判をツイッター上で検索をしたところ多くの口コミがありました。全体的に良い口コミが多く、回線速度が速いと評価しています。

速度が速いので、ストレスなくインターネットを利用できる、動画もサクサク利用できるとの口コミも多いです。

ただし悪いコミもあり、場所によっては速度があまり速くないと感じる人もいるようです。

光コラボによって速度は変わる?

男性(疑問)
光コラボによって速度に差があり、プロバイダの接続方式によって速度が変わる場合があります。

フレッツ光から光コラボに乗り換えることで、今までよりも回線速度が遅くなる可能性もあるのです。実際に使ってみないと速度の定価があるかどうかはわかりません。

速度低下を防ぐためには、「IPv6(IPoE)」に対応しているところを選択すると、速度の低下を防ぐことができます。

IPv6(IPoE)接続サービスを一言で説明すると、光回線の速度低下を防ぐことで快適な通信を可能にするサービスです。

Point

光コラボはフレッツ光と同じ回線

通信環境などによって速度は多少変わる

光コラボによって速度に差がある

光コラボの速度が遅い時の原因と対処方法

WiFiが遅いときの画像
ここでは、光コラボの速度が遅い時の原因と対処方法について説明します。

アール教授
原因を3つ紹介していきます。

原因①通信機器の接続状態が悪い

通信(スマホ)

原因 対処方法
ケーブルの接続状態
ケーブル接続テーブル画像
ケーブルを繋ぎ直してみる
PCやスマホの接続設定
スマホテーブル画像
接続設定の確認

上記の表は、光回線が繋がらない時の接続状態の確認方法についてまとめています。通信機器の接続状態が悪いと接続が不安定になるのです。

アール教授
詳しい内容は、下記のそれぞれの見出しで説明をします。

LANケーブルが途中で抜けていないか

ケーブル画像
LANケーブルが途中で抜けていませんか?また、接続しているLANケーブルにゆるみが出てないでしょうか?

ゆるみや途中で抜けていたりすると、接続が悪い原因となります。LANケーブルや光ケーブルが緩んでいないか確認をします。

ケーブルの接続部分に緩みが発生している場合は、ケーブルをしっかりと差し込むようにすると、接続の悪さが解消できるでしょう。

PC・スマホの設定が正しくされているか

パソコンをいじる男性の画像
PC・スマホの設定が正しくされていなければ、接続状態が悪くなりますし、接続ができない状態に陥ります。

まずは、PCやスマホの接続設定ができているかの確認をしましょう。Wi-Fi接続の場合は、Wi-FiのIDが間違っていないか確認します。

また、Wi-Fi接続時のIDが間違っているとWi-Fi接続ができないので、正しいIDを入れましょう。

原因②ONUやルーターの不調の可能性

落ち込む男性

アール教授
ONUやルーターの不調の可能性を見ていきましょう。

ランプが正常に点灯しているか

ホームルーターの画像
ランプが正常に点灯していない場合、不具合が生じていることを教えてくれています。光回線ランプや、LINEのランプが点滅や消灯をしていませんか?

このような場合、回線自体に異常が発生していると教えてくれているのです。接続状態が悪いときには、ONUやルーターのランプが正常に点灯しているかを確認すると良いです。

メーカーによってランプの種類や意味が異なるので、説明書やメーカーサイトで内容を確認しましょう。

ONUとは自宅などに引き込んだ光回線(壁に設置された光コンセント)とパソコンの間に設置して光回線とパソコンを接続し、光信号とデジタル信号間の変換を行う装置です。

機器を再起動する

再起動画像
接続が不安定になった場合、機器を再起動させてみましょう。再起動させることで接続状態が回復することがあります。再起動させるために、まずは電源をオフ。

次に、ルーターやONU、インターネットに接続するPCやスマホの再起動を試みます。この時に注意すべきことがあります。

電源プラグをコンセントから抜いた後、すぐに次の動作に移るのではなく。30秒以上経過した後に、電源プラグをコンセントに差し込みましょう。

原因③ルーターの設置箇所の問題

屋内画像
ONUやルーターの不調の可能性として、ルーターの設置箇所の問題があります。ルーターの設置場所によっては、壁などの遮蔽物が影響をして電波が弱くなるのです。

また、電子レンジが近くになると、電波の干渉を引き起こすため、接続が不安定になることがあります。

利用状況に合わせて、最適な設置場所を見つけるようにすると、ONUやルーターの不調を改善できます。

原因④ルーターやLANケーブルのスペックの問題

LANケーブルの画像

アール教授
ルーターやLANケーブルのスペックの問題を見ていきましょう。

無線LANルーターのスペック

ルーターの画像

無線LAN規格 最大速度 対応周波数
IEEE802.11a
ルーターテーブル画像
54Mbps 5GHz
IEEE802.11b
ルーターテーブル画像
11Mbps 2.4GHz
IEEE802.11g
ルーターテーブル画像
54Mbps 2.4GHz
IEEE802.11n
ルーターテーブル画像
600Mbps 2.4GHz / 5GHz
IEEE802.11ac
ルーターテーブル画像
6.9Gbps 5GHz
IEEE802.11ax
(Draft)
ルーターテーブル画像
9.6Gbps 2.4GHz / 5GHz

注:1000Mbps=1Gbps
上記の表は、ルーターの無線LAN規格についてまとめています。無線LANには速度・周波数の違いによって性能を6種類に分けることができます。

これを一般的にWiFi規格と呼びます。Wi-Fi規格なので、その規格のルーターが全てその速度に対応しているわけではないので注意してください。

「IEEE802.11ac」対応のルーターであれば、大体1Gbpsに対応するのでそれを1つの目安にすると良いです。

LANケーブルのスペック

LANケーブルの画像

LANケーブルの規格 速度
CAT8
ケーブル接続テーブル画像
40Gbps
CAT7
ケーブル接続テーブル画像
10Gbps
CAT6A
ケーブル接続テーブル画像
10Gbps
CAT6
ケーブル接続テーブル画像
1Gbps
CAT5e
ケーブル接続テーブル画像
1Gbps
CAT5
ケーブル接続テーブル画像
100Mbps

注:1000Mbps=1Gbps

上記の表は、LANケーブルの規格についてまとめています。LANケーブルの規格によって速度に差があります。

快適な速度で光回線を利用するなら、CAT6A以上のLANケーブルがおすすめです。手持ちのLAN製品の規格に合わせたケーブルを選ぶと良いでしょう。

どのLANケーブルを選べばいいのか迷ってしまった場合には、数字の大きいケーブルを選ぶと速度も速いので、安心して利用できます。

どうしても改善しない場合は乗り換えも

乗り換え時の画像
つながりの悪さや速度の遅さを改善するために、あらゆる対処方法をとっても速度が遅い状態から抜け出せないこともあります。

速度が遅い状態が続くようなら、使っている回線にこだわらず、他社光回線の乗り換えを検討するべきです。

おすすめの光回線はいくつかあるので、次の見出しで光回線を紹介します。

Point

LANケーブルが途中で抜けていると接続不可

接続不安定になった場合機器を再起動させる

CAT6A以上のLANケーブルがおすすめ

高速通信が魅力のおすすめ光回線を紹介

紹介する女性
ここでは、高速通信が魅力のおすすめ光回線を紹介します。

アール教授
auひかりやドコモ光について詳しく紹介します。

auひかり

auひかりnnコミュニケーションズ画像

    特徴①下り最大10Gbpsの超高速回線
    特徴②他社違約金還元+高額キャッシュバック
    特徴③auスマホとセットで割引される

auひかりは、高速通信に対応しており、下り最大10Gbpsの超高速回線となっていますが、下り最大10Gbpsの出るプランは、提供エリアが東京、神奈川、埼玉、千葉の一部エリアです。

他社から乗り換えた場合、通常であれば違約金が発生しますが、auひかりは他社から乗り換えた際に、違約金の負担があります。

さらに、工事費も実質無料なので、契約後に高額な工事費の請求がされることもありません。また、auひかりは、うれしいキャッシュバックがあります。

KDDI正規代理店NNコミュニケーションズからの申込みでキャッシュバックがもらえるのです。auスマホとセット割引もあります。

auひかりの詳細はこちら

ドコモ光

ドコモ光MV画像

    特徴①超高速10ギガプラン
    特徴②指定オプションで高額キャッシュバック
    特徴③ソフトバンクスマホとセットの割引

ドコモ光は、速度に自信を持っています。下り最大1Gbpsの高速回線です。通信速度が速い上に安定しているので、ストレスなくインターネットを利用できます。一部地域の提供ですが、最大10Gbpsの出るプランもあるの必見です。

また、GMOとくとくBBからのお申込みでキャッシュバックキャンペーンを受けることができます。指定のオプションに加入することが条件ですが、高額なキャッシュバックを受け取ることもできます。

さらに、スマホと一緒に契約をするとセット割引が組め、契約している間中、割引を受けられるので、安く利用することができます。

高性能Wi-Fiルーターも無料で使用可能ですし、ネットが使い放題なので、制限を気にせず快適なインターネット利用ができるでしょう。

ドコモ光の詳細はこちら

ソフトバンク光

ソフトバンク光公式

    特徴①下り最大1Gbpsの高速回線
    特徴②他社違約金還元+高額キャッシュバック
    特徴③ソフトバンクスマホとセットの割引

ソフトバンク光はNTT東日本・NTT西日本の光ファイバー回線フレッツ回線を利用しているサービスです。

フレッツ光と同品質の高速回線で、最大1Gbpsの高速回線となっています。このため、十分早い速度で、インターネットを利用できます。

ソフトバンク光は、他社を契約完了前に解約をして乗り換えても解約金の還元があるので、利用者の負担が軽減。新規契約で高額なキャッシュバックも受けることができます。

SoftBank光正規代理店エヌズカンパニーからの新規お申込みで高額キャッシュバックがもらえるのです。さらに、スマホとのセット割引もあるので、通信費を節約できるでしょう。

ソフトバンク光の詳細はこちら

NURO光

NURO光MB画像

    特徴①下り最大10Gbpsの超高速回線
    特徴②高額キャッシュバック
    特徴③ソフトバンクスマホとセットの割引

NURO光は、下り最大10Gbpsの超高速回線に対応しているため、インターネットを快適に利用することができます。ただし、NURO光は提供エリアが限定的です。

NURO光は、公式サイトでの申し込みで、キャッシュバックを受け取れます。キャッシュバックの受け取りは、受取日が契約後6ヶ月です。

さらに、キャッシュバックを受け取るために不要なオプションに加入する必要もないため、無駄なお金を使うことがないです。

NURO光は、ソフトバンクスマホと同時に契約をすることによって、毎月セット割引を受けることもできます。

Point

NURO光はキャッシュバックが最短2か月

ドコモ光は全国に対応

auひかりは高速通信に対応

NURO光の詳細はこちら

NURO光マンションの詳細はこちら

高速通信が魅力のおすすめ光回線を比較

比較の画像
ここでは、高速通信が魅力のおすすめ光回線を比較します。

アール教授
通信速度や月額料金について比較していきます。

通信速度で比較

通信速度が速いときのi画像

光回線名 最大速度 標準的な
プランの速度
auひかり
auひかりのロゴ
10Gbps 1Gbps
ドコモ光
ドコモ光のロゴ
10Gbps 1Gbps
ソフトバンク光
ソフトバンク光のロゴ
10Gbps 1Gbps
NURO光
NURO光のロゴ
10Gbps 2Gbps

上記の表は、通信速度の比較についてまとめています。4つの光回線の速度を比較していますが、最大速度はどの回線も速度が同じです。

また、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりは通常時の速度が同じ速さになっています。NURO光の通常時の速度は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりより速いです。

下り最大10Gbpsの出るプランには、提供エリアが一部エリアに限られるので、注意してください。

ソフトバンク光の詳細はこちら

月額料金で比較

お金の画像

光回線 月額料金
auひかり
auひかりのロゴ
戸建て:5,200円
マンション:3,400円〜
ドコモ光
ドコモ光のロゴ
戸建て:5,200円
マンション:3,800円〜
ソフトバンク光
ソフトバンク光のロゴ
戸建て:5,200円
マンション:3,800円
NURO光
NURO光のロゴ
NURO光:4,743円
NURO光forマンション:1,900円〜

上記の表は、月額料金の比較についてまとめています。戸建てとマンションの月額料金を見ると、一番安いのが、NURO光です。

ドコモ光とソフトバンク光、auひかりは、戸建ての料金が同じです。マンションの場合、ソフトバンク光だけが定額となっています。

ソフトバンク光のマンションの月額料金は定額ですが、auひかりは、マンションの状況によって料金が変わります。

NURO光はその集合住宅の利用者人数によって月額料金が変動する仕組みなので注意が必要です。

NURO光の詳細はこちら

NURO光マンションの詳細はこちら

スマホのセット割で比較

スマホとお金の画像

光回線 スマホ
キャリア
スマホ割名 最大割引額
auひかり
auひかりのロゴ
au auスマート
バリュー
最大1,000円
ドコモ光
ドコモ光のロゴ
ドコモ ドコモ光
セット割
最大1,000円
ソフトバンク光
ソフトバンク光のロゴ
ソフトバンク おうち割
光セット
最大1,000円
NURO光
NURO光のロゴ
ソフトバンク おうち割
光セット
最大1,000円

上記の表は、スマホのセット割の比較についてまとめています。すべての回線でスマホのセット割があり、しかも割引額も同じです。

ただし、回線によってスマホ割引が利用できる回線が異なります。auひかりはau、ドコモ光はドコモのスマホが割引されます。

ソフトバンク光とNURO光で、スマホ割引が適用されるのはソフトバンクです。

Point

最大速度はどの回線も速度が同じ

月額料金が一番安いのはNURO光

すべての回線でスマホ割引がある

auひかりの詳細はこちら

ドコモ光の詳細はこちら

総括:光コラボはフレッツ光と同じ高速光回線が使える

通信速度画像

アール教授
光コラボはフレッツ光と同じ高速光回線が使えます。

光コラボはフレッツ光回線を利用するので、フレッツ光と変わらない速度で利用できます。ただし、光コラボによって速度に差があります。

プロバイダの接続方式によって速度が変わる場合があるのです。auひかりは高額なキャッシュバックがあります。ドコモ光は、下り最大1Gbpsの高速回線です。

ソフトバンク光は他社からの乗り換えで、違約金の負担があります。NURO光はソフトバンクスマホとセットの割引があります。自分に合った光回線を契約しましょう。

auひかりの詳細はこちら

auひかりのロゴ画像
auひかりの画像
回線名auひかり
月額料金戸建て:5,200円
マンション:4,100円
通信速度最大1Gbps
光回線評価★★★★★
特徴・月額料金がスマホとセットで超お得!
・対応エリアが全国
キャンペーン最大52,000円
キャッシュバック

auひかりのお申込みサイトへ

光コラボカテゴリの最新記事