WiMAXとLTEって何が違うの?違いを詳しく解説!!

WiMAXとLTEって何が違うの?違いを詳しく解説!!
WiMAXとLTEって何が違うの?違いを詳しく解説!!

WiMAXとLTEって何が違うの?違いを詳しく解説!!

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。


モバイルWiFiを選ぶとき、「WiMAX」と「LTE」という言葉をよく耳にしますが、この2つの言葉の違いをご存知でしょうか。

これらは似た言葉のようですが、それぞれの特徴は大きく異なり、自分の環境に合った機器はどちらかを見極めることが非常に大切です。

そこで今回は「WiMAX」と「LTE」の違いについて詳しく解説していきます

WiMAX・LTEそれぞれのメリット・デメリットや、それぞれの代表的な機器について細かく説明していきますので、これからモバイルWiFiを検討しているあなたは必見ですよ。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・31,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

WiMAXとLTEの違いは?特徴をご紹介!

特徴
この章ではWiMAXとLTEの違いとそれぞれの特徴について解説していきます。

アール教授
WiMAXとLTEにはそれぞれ嬉しい特徴がありおすすめです!

WiMAXの特徴

ブロードワイマックスの店舗受け取り画像

回線名 WiMAX2+
WiFiの画像(テーブル)
提供 UQコミュニケーションズ
周波数 2.5GHz帯

WiMAXは現在技術が発展し正確にはWiMAX2+という名称のサービスでUQWiMAXから提供しており、2.5GH帯の独自の回線である特徴があります。

この独自の回線を利用することで、回線の混雑を防ぐことができ、混雑しやすい夜の時間でもストレスなくネットに接続することが可能です。

なのでWiMAXは安定した通信速度が特徴であり、快適にインターネットを利用したい方におすすめとなっています。

新しくなったWiMAXに興味がある方はぜひ、申し込んでみてはいかがでしょうか。

LTEの特徴

WiMAXのLTEオプション画像

回線名 LTE
電波の画像
提供 ドコモ/au/ソフトバンク
周波数 2GHz以下

LTEのはスマートフォンでも利用されており、さまざまな周波数が利用されていますが、いずれも2.4Hzという値になっております。

LTEはストレスなくインターネットができる程度の通信速度があり、広くて早い回線をお探しの方におすすめです。

またLTEはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから提供されており、対応エリアが広いのも特徴です。

対応エリアが広いLTEに興味がある方はぜひ、申し込んでみてはいかがでしょうか。

Point

WIMAXの特徴は安定した通信速度

LTEの特徴は対応エリアの広さ

どちらも快適にインターネット利用可能

WiMAX・LTEのメリット・デメリットって?

メリットとデメリット
この章ではWiMAX・LTEのメリット・デメリットについて解説していきます。

アール教授
それぞれのメリット・デメリットを事前に調べておきましょう!

WIMAX

WiMAXのエリア画像

アール教授
WiMAXのメリット・デメリットは以下の通りです。

WiMAXのメリット:制限なく利用できる

メリット
WiMAXのメリットとして制限なく利用できることが挙げられており、ストレスなくインターネットを利用することができます。

WiMAXは独自の回線を利用しているため、扱っている回線に余裕があり。使い放題プランを利用すれば上限なく利用できるのが魅力です。

また独自の回線を利用することで、夜間の混雑を防ぐことができ、いつでも安定した通信速度で接続が可能です。

ただし3日で10GBまでの通信制限があるので、WiMAXを利用する場合は覚えておきましょう。

制限なく利用できるWiMAXに興味がある方はぜひ、申し込んでみてはいかがでしょうか。

WiMAXのデメリット:屋内や山間部で繋がりにくい

デメリット
WiMAXのデメリットとして屋内や山間部で繋がりにくいことが挙げられてており、山などの自然が多い場所にお住まいの方は注意が必要です、

WiMAXは2.5Hz帯という高い周波数を利用しているため障害物に弱く、屋内や山間部では繋がりにくいデメリットがあります。

とはいえ電波が届く場所では快適にインターネット利用可能ので、WiMAXに興味がある方はぜひ、申し込んでみてはいかがでしょうか。

LTE

LTEの画像

アール教授
LTEのメリット・デメリットは以下の通りです。

LTEのメリット:広いエリアで快適につながる

メリット
LTEのメリットとして広いエリアで快適につながることが挙げられており、どこでも気軽にネット接続できるメリットがあります。

LTEは2GHz以下の周波数であるため、屋内や山間部でも繋がりやすく広いエリアで快適に利用できることが魅力です。

森などが周辺にある地域にお住まいの方は、LTEの回線を利用することで障害物に関係なくインターネットに接続が可能です。

広いエリアで快適にインターネットを利用できるLTEに興味がある方はぜひ、申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

LTEのデメリット:使用量に制限がある

デメリット
LTEのデメリットとして使用量で制限があることが挙げられており、インターネットの利用には注意が必要になります。

LTEは専用回線でないため使用量に余裕がなく、使い放題プランがほとんど設定されておらず、制限があることがデメリットです。

とはいえ通信速度は非常に優秀になっており、ストレスなくインターネットを利用できるので、興味がある方はぜひ申し込んでみてください。

Point

WiMAXのメリットは制限なく利用できる

LTEのメリットは広いエリアで快適につながる

WiMAXは繋がりにくい、LTEには制限あり

WiMAXが向いてる人・LTEが向いてる人

おすすめする女性の画像

回線名 向いている人
WiMAX2+
WiFiの画像(テーブル)
制限を気にせずたくさん使いたい方
LTE
電波の画像
電波が届きにくいエリアにお住まいの方

この章ではWiMAXかLTEか悩まれてる人に、WiMAXとLTEの特徴を解説します。

WiMAXは制限を気にせずインターネットを利用することができるので、たくさん使いたい方におすすめです。

WiMAXは月7GB以上を制限なく使用したい、へービーユーザー向けの通信サービスとなっています。

LTEは対応しているエリアが幅広く、電波が届きにくいエリアにお住まいの方におすすめです。

LTEは3キャリアに対応しており、電波の届きにくい地域や外出・出張が多い方にぴったりの通信サービスになります。

WiMAXのLTEオプションには要注意!

指を立てる男性
この章ではWiMAXのLTEオプションの注意点を解説していきます。

アール教授
WiMAXのLTEのオプションの注意点をしっかり確認しておきましょう!

WiMAXのLTEオプションとは

男性(疑問)
WiMAXのLTEオプションとは、WiMAX2+回線に加えて対応ルーターを使用すればau 4G LTE回線にも繋ぐことができるサービスハイエリアプラスエリアモード)となっています。

またハイエリアプラスモードは、3年間の契約をすることでオプション料が無料になるのでお得に始められるメリットがあります。

エリアが広いハイエリアプラスモードに興味がある方はぜひ、WiMAXのLTEオプションに申し込んでみてはいかがでしょうか。

WiMAXのLTEオプションのメリット

デメリット
WiMAXのLTEオプションは、WiMAXのデメリットである屋内・山間部で繋がりにくい弱点をエリアが広いLTEに繋ぎ変えることで、高速・広範囲のメリットがあります。

また3年契約をすることで、LTEオプションが無料になり、お得に通信サービスを利用できるのも魅力です。

高速・広範囲である通信サービスに興味がある方はぜひ、LTEオプションに申し込んでみてはいかがでしょうか。

WiMAXのLTEオプション利用時の注意点

スーツの男性

プラン名 ハイスピードプラスエリアモード
電波の画像
制限内容 月間7G使用で制限
制限を超えると 月末まで128kbps

WiMAXのLTEオプション利用時の注意点として、通信制限が設定されていることが挙げられます。

ハイスピードプラスエリアモードを利用することで、月7GBの制限が発生し、制限を超えてしまうと月末まで128kbpsという非常に厳しい速度制限になるので注意が必要です。

また月7GBの制限はLTEオプションだけでなく、LTE+WiMAXプランでも制限が設けられているので覚えておきましょう。

WiMAXのLTEオプションの上手な使い方

説明する男性
WiMAXのLTEオプションの上手な使い方として、こまめに使用量を確認して計画的に利用していくことが挙げられます。

せっかくWiMAXのギガ放題を選んでもLTEオプションを選択してしまうと、制限が設定されてしまうため、LTEオプションは必要最低限の利用にすることが大切です。

またLTEオプションを使用する場合は、使用している通信の量をこまめにチェックを行い、7GBを超えないように注意しましょう。

Point

LTEオプションはau 4G LTE回線にも繋ぐことができるサービス

メリットとして、高速・広範囲の通信サービス

注意点として通信制限が設定されている

LTE回線が利用できるおすすめのモバイルWiFiをご紹介!

チェック(紹介)
この章ではLTE回線が利用できるおすすめのモバイルWiFiを紹介しつつ解説していきます。

アール教授
お得に始められるモバイルWiFiを厳選したので必見です!

キャッシュバックで格安!GMOとくとくbb

GMOとくとくBB WiMAXのMB画像

    特徴①高額CBで総支払額が安い!
    特徴②UQコミュニケーションズの回線で快適接続
    特徴③20日間キャンセル可能で安心

LTE回線が利用できるおすすめのモバイルWiFiとしてGMOとくとくBBが挙げられます。

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施しており、お得にLTE回線を利用することができます。

またUQコミュニケーションズの回線を利用しているため、混雑しないため快適接続でインターネットを利用できるメリットもあります。

他にも20日間キャンセルなど安心して始められるサポートも充実しており、おすすめです。

お得に始められるGMOとくとくBBに興味がある方はぜひ、GMOとくとくBBに申し込んでみてはいかがでしょうか。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

LTE回線でも使い放題!どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのMB画像

    特徴①クラウドWiFi技術によりLTE回線使い放題
    特徴②トリプルキャリアで快適接続
    特徴③海外からでもつなげられる

LTE回線が利用できるおすすめのモバイルWiFiとしてどんなときもWIFiが挙げられます。

どんなときもWiFiはクラウド技術といわれる最新のテクノロジーにより、LTE回線でも制限を気にすることなく、快適にインターネットを利用できます。

またトリプルキャリアに対応しており、電波が届きにくいエリアでも安定した通信ができるのでおすすめです。

他にも海外からでもつなげられるので、旅行先や仕事先でもネット利用が可能となています。

高性能な回線が利用できるどんなときもWiFiに興味がある方はぜひ、申し込んでみてはいかがでしょうか。

Point

高額CBならGMOとくとくBB

LTE回線使い放題ならどんなときもWiFi

どちらもお得に始められるモバイルWiFi

どんなときもWiFiの公式サイトへ

GMOとくとくbbとどんなときもWiFiの比較

比較の画像
この章ではGMOとくとくBBとどんなときもWiFiを比較しつつ解説していきます。

アール教授
比較してより良い回線を選んでいきましょう!

月額料金を比較

月額(お金)

モバイル
Wi-Fi名
月額料金
(3年平均)
キャッシュバック
(CB)
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
4,208円 最大31,500円
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
3,632円 なし

月額料金の比較は上記の通りになっており、それぞれのモバイルWiFiでの月額料金に差があることが分かりました。

月額料金を比較してみると、どんなときもWiFiが安くてお得にみえますが、GMOとくとくBBは高額キャッシュバックがあるので、GMOとくとくBBも実質安くなります。

ただしキャッシュバック受け取りには条件があるので、確実に受け取れるかどうか確認しておくことが大切です、

比較した2社とも実質的な月額料金は同じなので、キャッシュバックが欲しいかどうかで判断してみてもいいかもしれません。

速度・制限を比較

通信(スマホ)

モバイル
Wi-Fi名
通信速度
最大下り
通信制限 制限内容
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのアイコン
440Mbps あり 10G/3日
どんな
ときもWiFi
どんなときもWiFiのアイコン
150Mbps なし なし

速度・制限の比較は上記の通りとなっており、それぞれのモバイルWiFiに速度と制限の性能差があることが分かりました。

通信速度を比較してみるとGMOとくとくBBの方が速いですが、どんなときもWiFiの方が制限がなく、3日10GBの制限すらも設定されていないのでこちらもおすすめです。

どちらの回線もストレスなくインターネットを利用可能なので、月にどのくらいの通信量を使用するのか、確認しておくのも大切です。

速い回線をお探しの方はGMOとくとくBB、使い放題の回線をお探しの方はどんなときもWiFiに申し込んでみてはいかがでしょうか。

Point

月額料金は実質どちらも安くてお得

高速回線ならGMOとくとくBB

使い放題ならどんなときもWiFi

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

どんなときもWiFiの公式サイトへ

総括:WiMAX・LTEの特徴を理解して、ご自分の環境に合った機器を選んでください

紹介する女性
WiMAX・LTEについてそれぞれの特徴やメリット・デメリットを中心に解説しましたが、いかがだったでしょうか。

WiMAX・LTEそれぞれの特徴を理解し、速度とエリアのどちらを重視するかで機器を選ぶことが大切です。

またWiMAXのLTEオプションは、使い放題を 制限することになるので利用時は注意しましょう。

最後にLTEでもクラウドWiFiといわれる新技術を使った使い放題プランが出始めているのでそちらに申し込んでみても良いかもしれません。

本記事を参考にして、WiMAX・LTEを始めるきっかけやお得になるWiMAXを始める機会になれば幸いです。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・31,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBのQ&A

 
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

簡単です。 WiMAX 2+端末機器に同梱のSIMカードをセットして電源を入れたら、通信を行いたい機器の設定をするだけです。 設定マニュアルも同梱してあるのでご安心ください。

プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しております。

通常4営業日以内に順次発送いたします。 お選びいただく端末機器によっては、平日15時30分、土日祝日14時までのお申込み完了で「即日発送」も可能です。 ご利用可能な場合にはお申込み手続き内の「WiMAX端末の発送方法をご選択ください」の欄にてご確認ください。

お支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなっております。 クレジットカードをお持ちでないお客さま向けに、クレジットカードが同時に発行できるキャンペーンも実施中です。

スマートフォンのキャリアに関係なく「Wi-Fi」を受信できる機器であれば、スマートフォン・PC・タブレット・ゲームなどでご利用可能です。

引用元:GMOとくとくBB WIMAX公式HP https://gmobb.jp/lp/gentei8/

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報

項目基本情報
プロパイダ名GMOとくとくBBのロゴ
月額料金月額3,609円~
使えるデータ容量ギガ放題プラン:無制限
通常プラン:7G
提供端末W06、WX05、W05
L02、WiMAX HOME 01、L01s
支払い方法クレジットカード
総合評価★★★★★
au スマートバリュー mine適用可
auスマホ最大1,000円割引
会社名GMOインターネット株式会社

WiMAXカテゴリの最新記事