WiMAXのレンタル利用ならDMM!レンタルするメリット・デメリットをご紹介

WiMAXのレンタル利用ならDMM!レンタルするメリット・デメリットをご紹介
WiMAXのレンタル利用ならDMM!レンタルするメリット・デメリットをご紹介

WiMAXのレンタル利用ならDMM!レンタルするメリット・デメリットをご紹介

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。

モバイルWiFiの中でも人気の高いWiMAX。WiMAXは提供しているプロバイダも豊富ですね。

その中でもDMMのWiMAXレンタルをご存知ですか?安いとの声も多いDMM

そこでこの記事ではDMMのWiMAXの特徴を中心に紹介していきますよ!

WiMAXを申し込む際、料金面を重視したい方は、高額キャッシュバックで実質費用を抑えられるGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・30,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

WiMAXがDMMでレンタルできる!仕組みを解説

紹介

DMMでレンタルできるWiMAXの仕組みを紹介します。

アール教授
WiMAXがDMMでレンタルできる!?

端末を購入せずにレンタル

ルーター端末
ほとんどのプロバイダではレンタルサービスを行っておらず、端末を購入して回線を契約しますが、DMMでは端末をレンタルする際に回線の契約を行う必要がありません。

端末のレンタル時に回線の契約の必要はなく、端末代金も掛かりませんが、レンタル期間中は月額料金は掛かるので注意が必要です。

端末ごとに月額料金が異なる

お金の画像
DMMのレンタルサービスは端末の種類ごとに月額料金が異なり、最新端末になればなるほど月額料金が高く、古い端末ほど月額料金が安い傾向があります。

月額料金の安さを重要視するか、最新端末のスペックの良さを重要視するか、自分の予算と利用したい機能を考えた上でしっかりと検討する必要があります。

中には、比較的新しい端末でも月額料金が安いものもあるので、端末ごとのスペックを確認した上で、コスパが良いのかよく見極める必要があります。

紛失破損の場合は違約金がかかる

お金の画像

項目 料金
端末
wimaxテーブル画像
20,540円
SIMカード
simカード
3,240円
ソフトケース
スマホケーステーブル画像
2,000円
ACアダプタ
lanケーブルの画像
2,000円
USBケーブル
USB接続の画像
1,500円
取扱説明書
書類の画像
300円

レンタルしている端末や付属品を紛失破損してしまった場合には、紛失や破損してしまったものに応じた違約金が発生してしまうので注意が必要です。

ソフトケースや取扱説明書などの紛失しやすい付属品も、紛失や破損をしてしまうと違約金が発生してしまうので、しっかりとなくさないように保管する必要があります。

取扱説明書のはワンコイン以内の違約金で済みますが、その他付属品は1500円から3500円、端末は2万円以上の違約金が発生してしまうので、丁寧に扱う必要があります。

Point

端末を購入せずにレンタルすることができる

最新端末になるほど月額料金が高くなる

紛失破損の場合には違約金が発生する

DMMでWiMAXをレンタルするメリット

デメリット

DMMでWiMAXをレンタルするメリットを紹介します。

アール教授
DMMでWiMAXをレンタルするメリットは?

初期費用0円

お金の画像

契約方法 初期費用
DMM
お金テーブル画像
0円
各プロバイダ
お金テーブル画像
3,000円

各プロバイダで端末を契約すると初期費用が3000円掛かってしまいますが、DMMでレンタルする場合には初期費用が0円となっています。

各プロバイダで掛かってしまう初期費用3000円は登録手数料なので、登録する必要がないDMMでは初期費用が不要となっています。

初期費用をできるだけ抑えて手軽に利用を開始したい方には、DMMのレンタルサービスは特におすすめです。

契約に縛りがない

選択の画像
プロバイダで契約する場合は2年縛りや3年縛りなどの契約の縛りがあり、契約更新月以外に解約すると違約金が発生してしまいますが、DMMの場合は契約に縛りがありません。

契約に縛りがないので、レンタルをいつでも終了させることができ、紛失や破損がなければレンタル終了時に違約金が掛かることもないので安心して利用することができます。

また、年数ごとの契約の縛りがないため、1ヶ月や2ヶ月といった短期間の利用が可能なので、WiMAXの契約を検討している方が契約前にお試しでレンタルすることもできます。

取り扱い端末が豊富

嬉しい女性の画像
DMMでは、WiMAXの取り扱い端末が豊富で、今では各プロバイダでも取り扱われていないような端末も含めて多くの種類の端末が取り扱われています。

今では取り扱われいないような古い端末の場合、他の端末と比べて比較的安い月額料金で利用することができることが特徴となっています。

端末の種類が豊富であればあるほど、1つの端末に希望者が殺到しづらくなるので、申し込みから利用開始までの期間が掛かりにくく、長期間のレンタルが可能となりやすいです。

実質料金が安い

お金の画像

契約期間 月額料金 月額合計
1ヶ月
カレンダーの画像
4,600円 4,600円
2ヶ月
カレンダーの画像
3,675円 7,350円
3ヶ月
カレンダーの画像
3,343円 10,030円
4ヶ月
カレンダーの画像
3,107円 12,430円
5ヶ月
カレンダーの画像
2,946円 14,730円
6ヶ月
カレンダーの画像
2,838円 17,030円

DMMはプロバイダで契約するよりも実質費用が安く、長期間利用するほど月額料金が安くなり、実質費用がお得になっていくことが大きな特徴となっています。

レンタルといえば月額料金が高いイメージですが、DMMは端末を契約するよりも月額料金が安くお得に利用することができるので、賢く利用すればかなりお得になります。

6ヶ月間レンタルした場合は、6ヶ月目の月額料金が1ヶ月目の月額料金よりも2000円近く安くなるので、かなりお得なサービスだといえます。

Point

初期費用無料でレンタルすることができる

契約年数に縛りがなく終了時の違約金もない

レンタル期間が長いほど月額料金が安くなる

DMMでWiMAXをレンタルするデメリット

デメリット

DMMでWiMAXをレンタルするデメリットを紹介します。

アール教授
DMMでWiMAXをレンタルするデメリットは?

キャンペーンがない

否定する男性の画像
WiMAXの各プロバイダだと、キャッシュバックキャンペーンなどのさまざまなキャンペーンがありますが、DMMにはキャンペーンが一切ないことがデメリットとなっています。

キャンペーンが一切ない代わりに月額料金が長期レンタルになればなるほど安くなるので、長期利用者はキャンペーンがなくても十分お得となっています。

利用まで時間がかかる

カレンダー画像

契約先 端末発送日
DMM
配達テーブル画像
最短約1週間
各プロバイダ
配達テーブル画像
最短即日

WiMAXの各プロバイダで契約する場合、最短即日発送と利用開始までのスピード感が魅力となっていますが、DMMの場合は最短で1週間と利用開始まで時間が掛かってしまいます。

最新端末の場合は予約不可になってしまい、更に利用開始が遅れてしまうことがあるので、最新端末を利用したい方は特に注意が必要です。

長期でレンタルできない可能性あり

注意点
各プロバイダで契約した場合、解約するまでずっと使い続けることができますが、DMMの場合は利用希望者が多い場合には長期でレンタルできない可能性があります。

契約の延長はできるようになっていますが、予約状況によっては延長ができずに返却しなければならない可能性もあるので、長期間利用したい方は注意が必要です。

Point

キャンペーンによるお得な特典がない

申し込みから利用開始まで1週間以上掛かる

長期間のレンタルはできない可能性がある

長期利用ならDMMのレンタルよりWiMAXを契約!おすすめ3社を紹介

紹介する男性画像

長期利用でWiMAXを契約するのにおすすめのWiMAX3社を紹介します。

アール教授
長期利用でWiMAXを契約するなら?

高額キャッシュバックならGMOとくとくBB

GMOとくとくBBMB画像

    特徴①高額キャッシュバック
    特徴②実質料金が安い
    特徴③最短即日発送

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックキャンペーンを実施しており、端末代金相当額がキャッシュバックされるので、実質費用を抑えてお得に利用することができます。

GMOとくとくBBは月額料金が安く、ギガ放題プランの場合は1ヶ月目から2ヶ月目まで月額料金の割引で7GBプランと同じ月額料金で利用することができるのでお得です。

GMOとくとくBBは最短即日発送で、早ければ翌日には届いて、簡単な設定をするだけですぐに利用を開始することができます。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

乗り換えキャンペーンがお得なBroad WiMAX

ブロードワイマックスのキャンペーン画像

    特徴①月額料金が安い
    特徴②乗り換えキャンペーンで違約金負担
    特徴③いつでも解約サポートあり

Broad WiMAXは月額料金が安く、1ヶ月目から24ヶ月目までは月額料金の割引があり、初期費用やLTEオプションが無料なので、お得に利用することができます。

Broad WiMAXは乗り換えキャンペーンを実施しており、他社回線からの乗り換えで他社違約金をBroad WiMAXが負担してくれるので乗り換えやすくなっています。

Broad WiMAXはいつでも解約サポートというサービスを実施しているので、万が一通信サービスが不満で解約したくなった場合に違約金負担なしで乗り換えることができます。

Broad WIMAXの公式サイトへ

月額料金が安い!カシモWiMAX

カシモwimaxMB画像

    特徴①月額の値引額が大きい
    特徴②快高速通信で快適ネット
    特徴③キャッシュバックなしでも安い

カシモWiMAXは月額料金の割引額が大きく、初月から24ヶ月目まで適用されるカシモおトク割引や25ヶ月目以降に適用されるカシモ長期割引でお得に利用することができます。

カシモWiMAXは高速通信が可能で、下り最大1.2Gbpsの超高速通信が可能な最新端末のW06を取り扱っているので、快適な通信サービスを利用することができます。

カシモWiMAXは月額料金の割引が大きく、キャッシュバックなしでも十分安いので、キャッシュバックの面倒な手続き不要でお得に利用することができます。

Point

キャッシュバックならGMOとくとくBB

他社から乗り換えならBroad WiMAX

月額料金の割引ならカシモWiMAX

カシモWiMAXの公式サイトへ

おすすめのWiMAXを比較

比較の画像

おすすめのWiMAX3社の違いを比較して紹介します。

アール教授
おすすめのWiMAXを比較してみましょう!

キャンペーン内容を比較

キャンペーン

キャンペーン内容を比較しています
プロバイダ キャンペーン内容
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
・30,000円キャッシュバック
・端末代金0円
Broad WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
・端末代金0円
・乗り換え違約金負担
・初期費用割引
・1万円キャッシュバック※
(新規2台同時申込)
カシモWiMAX
カシモWiMAXのロゴ
・月額料金割引
・端末代金0円

※:表示価格・内容は2020年5月8日現在の情報
注:キャンペーン内容は申込ページによって異なります

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックキャンペーンと端末代金0円キャンペーンを実施しているので、実質費用を抑えてお得に利用することができます。

Broad WiMAXは端末代金0円キャンペーンや乗り換え違約金負担キャンペーン、初期費用割引キャンペーンを実施しているので、乗り換え時の初期費用がお得となっています。

カシモWiMAXは月額料金割引キャンペーンと端末代金0円キャンペーンを実施しているので、毎月の費用を抑えてお得に利用することができます。

実質料金を比較

料金(お金)

実質料金を比較しています
プロバイダ プラン名 実質料金
(3年間)
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
121,706円
Broad WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
127,341円
カシモWiMAX
カシモWiMAXのロゴ
ギガ放題
新端末
プラン
132,969円

GMOとくとくBBは3年間実質費用が3社の中でも安くなっており、高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているので、かなりお得となっています。

Broad WiMAXはGMOとくとくBBよりも3年間実質費用が高いですが、お得なキャンペーンが豊富なので、他社からの乗り換えの場合は特にお得に利用することができます。

カシモWiMAXは3年間実質費用が3社の中でも高めですが、月額料金の割引額が大きく、長期間利用しても割引が継続されるので、毎月の費用を抑えたい方におすすめです。

3年間の月額料金平均を比較

お金

3年間の月額料金平均を比較しています
プロバイダ プラン名 月額料金
(3年平均)
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
4,208円
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
3,648円
カシモ
WiMAX
カシモWiMAXのロゴ
ギガ放題
新端末
プラン
3,723円

注:表示価格・内容は2020年5月8日現在の情報
GMOとくとくBBは3年間の月額料金平均が3社の中でも高いですが、高額キャッシュバックキャンペーンがあるので、月額料金よりも実質費用を抑えたい方におすすめです。

Broad WiMAXは3年間の月額料金平均が3社の中でも安く、初期費用割引キャンペーンなどの豊富なキャンペーンや月額料金の割引でかなりお得に利用することができます。

カシモWiMAXはBroad WiMAXよりも3年間の月額料金平均がやや高いですが、月額料金の割引額が大きく25ヶ月目以降も割引があるので、毎月の費用を抑えたい方にはおすすめです。

Point

キャンペーンならBroad WiMAX

実質費用ならGMOとくとくBB

月額料金平均ならBroad WiMAX

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

Broad WIMAXの公式サイトへ

カシモWiMAXの公式サイトへ

総括:WiMAXのレンタルならDMMもあり!

チェック(紹介)

アール教授
WiMAXのレンタル利用ならDMMはおすすめ!

WiMAXを契約するのではなく、レンタルするだけなのであれば、DMMはおすすめのレンタルサービスと言えます。

短期間のレンタルやWiMAX契約前のお試し利用であればDMMがおすすめですが、長期間利用したい場合にはプロバイダでWiMAXを契約することがおすすめです。

高額キャッシュバックならGMOとくとくBB、乗り換え違約金負担ならBroad WiMAX、月額料金の割引ならカシモWiMAXと、各プロバイダごとにそれぞれ良いところがあります。

自分に合ったプロバイダを選んで、お得に通信サービスを利用しましょう!

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・30,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBのQ&A

 
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

簡単です。 WiMAX 2+端末機器に同梱のSIMカードをセットして電源を入れたら、通信を行いたい機器の設定をするだけです。 設定マニュアルも同梱してあるのでご安心ください。

プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しております。

通常4営業日以内に順次発送いたします。 お選びいただく端末機器によっては、平日15時30分、土日祝日14時までのお申込み完了で「即日発送」も可能です。 ご利用可能な場合にはお申込み手続き内の「WiMAX端末の発送方法をご選択ください」の欄にてご確認ください。

お支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなっております。 クレジットカードをお持ちでないお客さま向けに、クレジットカードが同時に発行できるキャンペーンも実施中です。

スマートフォンのキャリアに関係なく「Wi-Fi」を受信できる機器であれば、スマートフォン・PC・タブレット・ゲームなどでご利用可能です。

引用元:GMOとくとくBB WIMAX公式HP https://gmobb.jp/lp/gentei8/

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報

項目基本情報
プロパイダ名GMOとくとくBBのロゴ
月額料金月額3,609円~
使えるデータ容量ギガ放題プラン:無制限
通常プラン:7G
提供端末W06、WX05、W05
L02、WiMAX HOME 01、L01s
支払い方法クレジットカード
総合評価★★★★★
au スマートバリュー mine適用可
auスマホ最大1,000円割引
会社名GMOインターネット株式会社

WiMAXカテゴリの最新記事