GMOとくとくBB WIMAXの初期費用は安くスグ使える!?光回線との比較を大公開!

GMOとくとくBB WIMAXの初期費用は安くスグ使える!?光回線との比較を大公開!
GMOとくとくBB WIMAXの初期費用は安くスグ使える!?光回線との比較を大公開!

GMOとくとくBB WIMAXの初期費用は安くスグ使える!?光回線との比較を大公開!

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。

モバイルWiFiで今一番人気があるのがWiMAXです。その一つがGMOとくとくBB

非常に登録者の多いこのプロバイダは、キャッシュバックのキャンペーンなどが有名ですが、初期費用がどれだけかかるかも気になりますよね。

そこでこの記事ではGMOとくとくBBは初期費用がどれだけかかるの?と言うことを中心に詳しく解説していきますね。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・31,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBの初期費用は高額?

男性(疑問)
高額キャッシュバックで有名なプロバイダのGMOとくとくBBですが、契約にかかる初期費用はどれくらい必要なのでしょうか。

アール教授
初期費用を把握したうえでGMOとくとくBBを検討しましょう!

事務手数料

お金の画像

通信サービス 事務手数料
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
3,000円
光回線
wifiテーブル画像
3,000円

そもそも初期費用とは契約した初月にかかる費用のことで、その内訳には契約の際に発生する「事務手数料」、契約した月の「月額利用料金」、利用するWiMAX端末の「端末代金」、加入したオプションの「オプション料金」などが含まれます。

まず事務手数料に関してですが、インターネット回線を契約する際には、光回線・WiMAXともに3,000円の事務手数料がかかり、GMOとくとくBBでWiMAXを契約した場合も同じです。

WiMAXを契約した初月に、月額料金に加えてこの事務手数料3,000円が請求されます。

月額料金は日割

月額(お金)
契約初月の月額料金は、月額3,609円の日割り料金が請求されます。

例えば1月15日に契約した場合、請求される料金は1月15日〜1月31日までの16日間の利用料金である約1,862円になります。

なので「月末に契約すると損」などといったことはなく、初月の利用料金はきちんと自分が使った分だけに抑えられます。

端末代金0円

お金の画像

回線 端末代金
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
0円
BIGLOBE
WiMAX
BIGLOBE WiMAXのロゴ
19,200円

上の表は、WiMAXを取り扱う代表的なプロバイダの一つであるBIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBBの端末代金を比較したものです。

GMOとくとくBBは端末代金0円キャンペーンを行なっていて、最新端末を含む全端末が無料で利用できます。

通常約20,000円の端末代金が無料で使えることは、GMOとくとくBBが選ばれる理由の一つになっています。

入会費用もかからない

否定する男性の画像
GMOとくとくBBでWiMAXを申し込む場合、GMOとくとくBBの会員に登録する必要がありますが、入会費用はかかりません。

なので基本的には、GMOとくとくBBでWiMAXを契約した場合にかかる初期費用は「(事務手数料3,000円)+(月額料金3,609円の日割り料金)」となります。

GMOとくとくBBでは端末代金が無料であることに加え、追加オプションに加入しなければならない等の条件もないため、初期費用は比較的安いと言えるでしょう。

Point

事務手数料は3,000円

契約月の月額料金は日割りで計算

端末代金がかからないのがお得なポイント

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBのお安い初期費用以外のメリット紹介

メリット
GMOとくとくBBはただ初期費用が安いだけでなく、魅力的なキャンペーンをたくさん行なっています。

アール教授
多様なキャンペーンも、GMOとくとくBBが選ばれる理由の一つです!

キャッシュバック金額が高い

お金の画像
GMOとくとくBBは、高額キャッシュバックキャンペーンが最大の魅力で、最大31,500円という業界でも破格のキャッシュバックを受け取ることができます。

この高額キャッシュバックにより、キャッシュバックを受け取ったあとの総額費用が、GMOとくとくBBは業界でも最安級となっています。

ただし、キャッシュバックを受け取るには手続きが必要で、契約から11ヶ月後に送られてくるメールから振込口座を登録しなければなりません。

忘れてしまうとキャッシュバックを受け取ることができないため、GMOとくとくBBで契約する際にはカレンダー等に書いておくと良いでしょう。

いつでもプラン変更可能

プラン
GMOとくとくBBで契約できる料金プランは、月間でのデータ通信量が無制限の「ギガ放題プラン」と、月間のデータ通信量が7GBまでの「7GBプラン」があります。

7GBの通信量は毎日ネットを利用しているとすぐに超過してしまうため、多くの利用者にとってはギガ放題プランの方がコスパは良いでしょう。

ギガ放題プランと7GBプランは月単位で何度でも乗り換えられるので、普段はギガ放題プランで、ネット利用が少なくなりそうな月は7GBプランで料金を抑えるといった使い分けができるのもオススメのポイントです。

即日発送

配達の画像

曜日 時間
平日
配達テーブル画像
15:30までの申し込み
土日祝日
配達テーブル画像
14:00までの申し込み

GMOとくとくBBは端末の即日発送キャンペーンも行なっています。

即日発送できる時間は上の表の通りで、平日は15:30まで、土日祝日は14:00までの申し込みで即日発送してもらえます。

「すぐにネットを使いたい」という方にとっては、1日でも早く端末が手元に届くのはありがたいサービスですよね。

auスマホが毎月割引

スマホとお金
GMOとくとくBBはauスマートバリューmineというサービスを行なっています。

これはauのスマートフォン・携帯電話を使っている方がGMOとくとくBBでWiMAXを申し込んだ場合に適用されるサービスで、auのスマホ・携帯の月額料金から毎月最大1,000円割引されます。

auユーザーの方はとてもお得にWiMAXを利用できるサービスなので、GMOとくとくBBを検討してみてはいかがでしょうか。

実質料金が安い

お金

プラン名 3年間実質料金
ギガ放題プラン
wifiテーブル画像
123,006円
7GBプラン
wifiテーブル画像
105,924円

GMOとくとくBBは、月額料金の面では他社プロバイダより特別安いという訳ではありません。

しかし先ほども話した通り、GMOとくとくBBの最大の魅力は高額なキャッシュバックによる実質料金の安さです。

なのでGMOとくとくBBは「月額料金の安さよりも、契約期間を通しての実質費用を抑えたい」という方にオススメのプロバイダと言えます。

20日以内ならキャンセル可能

カレンダー画像
GMOとくとくBBでは、契約から20日以内であれば契約を違約金無料でキャンセルすることができます。

「自分が利用するエリアでちゃんと電波が繋がるか不安」「実際の通信速度に納得してから使いたい」という方には嬉しいサービスです。

キャンセルの手順も簡単で、GMOとくとくBBのお客様センターにて電話でキャンセルの旨を伝えて、WiMAX端末を返却してキャンセル完了です。

ただし、20日以内のキャンセルで無料になるのは解約金のみで、返却の送料や初月の月額料金、契約の際にかかった事務手数料は自身で負担しなければいけないので注意してください。

Point

高額キャッシュバックで実質費用が安い

auユーザーはさらにお得に利用できる

お得なサービスが充実!

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBと同様に初期費用のお安いおすすめモバイルWiFi

紹介する男性
GMOとくとくBBの他にも、初期費用が安く魅力的なキャンペーンを行なっているプロバイダがあるので紹介します。

アール教授
他社プロバイダの特徴も把握しておきましょう!

乗り換えキャンペーンがお得なBroad WiMAX

ブロードワイマックスのキャンペーン画像

    特徴①月額料金が安い
    特徴②乗り換えキャンペーンで違約金負担
    特徴③いつでも解約サポートあり

ブロードワイマックスは、低額な月額料金で高速通信が利用できるコスパの良いプロバイダです。

またブロードワイマックスの乗り換えキャンペーンでは、他社から乗り換え時にかかる違約金を最大19,000円まで負担してもらえます。

通常、WiMAXを解約する際には違約金がかかってしまうため「今のプロバイダから乗り換えたいけど違約金が勿体無い」という方はブロードワイマックスならお得に乗り換えられます。

さらにブロードワイマックスは「いつでも解約サポート」という、ブロードワイマックスが紹介する回線に乗り換えることで、違約金なしで他の回線を利用できるサービスも行なっています。

もしブロードワイマックスを契約した後で、通信速度や利用エリアなどに不満を感じた場合でも安心です。

Broad WIMAXの公式サイトへ

ネットが完全無制限で海外利用可!どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのネット無制限の画像

    特徴①トリプルキャリネットワークに対応
    特徴②131カ国で利用可能
    特徴③通信制限一切なし

どんなときもWiFiは「クラウドWiFi」という通信技術により、au・docomo・softbankのトリプルキャリアネットワークに対応しているので、広いエリアで高速通信が利用できるのが魅力です。

また、海外でWiFiを利用するためには、通常であれば海外利用オプションに加入したり、海外用WiFiをレンタルするなどの面倒な手続きが必要でした。

どんなときもWiFiでは普段使っている端末をそのまま海外に持っていき、電源をONにするだけで131ヶ国でネットが使えるので、急な旅行や海外出張がある方にもオススメです。

さらに、どんなときもWiFiでは通信制限が一切ありません。

通常のWiMAXでは容量無制限のプランでも「3日で10GBまで」等の速度制限がある場合がほとんどですが、どんなときもWiFiはそういった日割りの制限もなく完全無制限なので、ヘビーユーザーも快適にネットを利用できます。

Point

コスパが魅力のブロードワイマックス

広いエリアでの利用が魅力

どんなときもWiFiは通信量完全無制限も魅力

どんなときもWiFiの公式サイトへ

GMOとくとくBBと同様に初期費用のお安いおすすめモバイルWiFiを比較

比較の画像
これまで紹介したプロバイダ、GMOとくとくBB・ブロードワイマックス・どんなときもWiFiの三社の特徴を比較しました。

アール教授
特徴を比較して自分に最適なプロバイダを見つけましょう!

キャンペーン内容を比較

キャンペーン

プロバイダ キャンペーン内容
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
・最大31,500円キャッシュバック
・端末代金0円
Broad WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
・端末代金0円
・乗り換え解約金負担
・初期費用割引
・1万円jキャッシュバック※¹
(新規2台同時申込)
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
・端末レンタル代金0円
・月額料金割引き※²

※¹:表示価格・内容は2020年5月20日現在の情報
※²:クレジットカード払いの方のみ適用

キャンペーン内容を比較すると、GMOとくとくBBとブロードワイマックスが積極的にキャンペーンを行なっていることがわかります。

どんなときもWiFiは多様なキャンペーンを行なっていない代わりに、海外でのネット利用や、通信量完全無制限など、メインのサービスを充実させています。

上の表のキャンペーン内容を比較して、あなた自身にとって最もメリットのあるプロバイダを検討してみてください。

通信速度を比較

通信速度画像

モバイル
Wi-Fi名
下り最大
通信速度
データ量 通信制限
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
全国:440Mbps
一部:1.2Gbps
無制限
(実質)
10G/3日
Broad WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
全国:440Mbps
一部:1.2Gbps
無制限
(実質)
10G/3日
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
150Mbps 無制限
(完全)
なし

各社の通信速度を比較すると、GMOとくとくBBとブロードワイマックスが下り最大通信速度が全国で440Mbps、一部1.2Gbpsであるのに対して、どんなときもWiFiは150Mbpsと差があることがわかります。

WiMAXの下り最大1.2Gbpsの条件
  1. WiMAX端末「W06」使用
  2. ハイスピードプラスエリアモードに設定
  3. ハイパフォーマンスモードに設定
  4. 4×4MIMO設定をオンにする
  5. 東京・埼玉・愛知・大阪のエリアのみ
  6. USB Type-Cでの有線接続

速度制限に関しては、GMOとくとくBBとブロードワイマックスは月間通信量が無制限のプランであっても日ごとの通信制限が設けられていますが、どんなときもWiFiは完全無制限です。

「通信制限を一切気にせず安定した速度でネットを使いたい」という方はどんなときもWiFiを、「日ごとの制限があっても良いからできるだけ速い回線を使いたい」という方はGMOとくとくBB、ブロードワイマックスを検討すると良いでしょう。

また、通信速度はあくまで最大速度なので、エリアや電波状況によって変動することを覚えておきましょう。

月額料金平均・実質費用を比較

お金の画像

モバイル
WiFi
プラン名 月額料金
(3年平均)
実質料金
(3年間)
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
4,208円 123,006円
Broad WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
3,537円 127,341円※
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
データ放題
プラン
3,632円 133,780円

※:2台同時申込のキャッシュバックは含まない
注:実質費用=3年月額合計+事務手数料+端末代-キャッシュバック

3年間契約した場合の平均の月額料金を比較すると、GMOとくとくBBが最も高額となりました。

しかし、GMOとくとくBBは高額キャッシュバックがあるので、3年間の実質費用で比較すると最も安い結果に。

料金面においては「実質費用を抑えたい」という方はブGMOとくとくBBを、「純粋な月額料金を抑えたい」という方はブロードワイマックスを検討すると良いでしょう。

Point

キャンペーン内容はそれぞれ異なる

どんなときもWiFiは完全無制限が魅力

実質費用が最安なのはGMOとくとくBB

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

Broad WIMAXの公式サイトへ

どんなときもWiFiの公式サイトへ

総括:GMOとくとくBBは初期費用の安さだけじゃないおすすめモバイルWiFi

GMOとくとくBBのMB
前半で説明した通り、GMOとくとくBBは初期費用が安いことはもちろん、高額キャッシュバックや20日以内無料キャンセルなどの魅力的なキャンペーンも沢山行なっています。

ただしキャッシュバックの受け取りには、契約から11ヶ月後に届くメールを確認するという手間がかかるのも事実です。

そういった手間が気にならず「キャッシュバックを受け取って、総合費用を安く抑えたい」という方はGMOとくとくBBがオススメです。

「キャッシュバックの受け取りの手続きが面倒くさそう」「実質費用よりも純粋な月額費用が安い方が良い」という方は、この記事で紹介した他のプロバイダを検討してみてください。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・31,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBのQ&A

 
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

簡単です。 WiMAX 2+端末機器に同梱のSIMカードをセットして電源を入れたら、通信を行いたい機器の設定をするだけです。 設定マニュアルも同梱してあるのでご安心ください。

プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しております。

通常4営業日以内に順次発送いたします。 お選びいただく端末機器によっては、平日15時30分、土日祝日14時までのお申込み完了で「即日発送」も可能です。 ご利用可能な場合にはお申込み手続き内の「WiMAX端末の発送方法をご選択ください」の欄にてご確認ください。

お支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなっております。 クレジットカードをお持ちでないお客さま向けに、クレジットカードが同時に発行できるキャンペーンも実施中です。

スマートフォンのキャリアに関係なく「Wi-Fi」を受信できる機器であれば、スマートフォン・PC・タブレット・ゲームなどでご利用可能です。

引用元:GMOとくとくBB WIMAX公式HP https://gmobb.jp/lp/gentei8/

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報

項目基本情報
プロパイダ名GMOとくとくBBのロゴ
月額料金月額3,609円~
使えるデータ容量ギガ放題プラン:無制限
通常プラン:7G
提供端末W06、WX05、W05
L02、WiMAX HOME 01、L01s
支払い方法クレジットカード
総合評価★★★★★
au スマートバリュー mine適用可
auスマホ最大1,000円割引
会社名GMOインターネット株式会社

GMOとくとくBB-WiMAXカテゴリの最新記事