GMOとくとくBB WiMAXは安いって本当!?安さの秘密はキャッシュバックキャンペーン!

GMOとくとくBB WiMAXは安いって本当!?安さの秘密はキャッシュバックキャンペーン!
GMOとくとくBB WiMAXは安いって本当!?安さの秘密はキャッシュバックキャンペーン!

GMOとくとくBB WiMAXは安いって本当!?安さの秘密はキャッシュバックキャンペーン!

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。

GMOとくとくBB WiMAXは、キャッシュバックを受け取ることができれば3年間の実質料金が抜群に安いプロバイダです。

この記事ではそんなGMOとくとくBB WiMAXについて、契約にかかる費用を全てまとめています。

GMOとくとくBBが安い理由を見ていきましょう

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・30,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

WiMAX(GMOとくとくBB)の月額料金は安い?プランを確認!

確認画像
GMOとくとくBBはキャッシュバックが高いことで知られていますが、WiMAXのプロバイダを検討している方にとっては、月額料金や契約プランも気になるところですよね。

アール教授
GMOとくとくBBのプラン料金を見ていきましょう!

GMOとくとくBBのギガ放題プラン

GMOとくとくBBギガ放題画像

プラン名 ギガ放題
wifiテーブル画像
月額料金 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降~:4,263円
初月料金 3,609円の日割り

ギガ放題プランは月間でのデータ通信量が無制限のプランで、大容量の高速通信でネットを快適に利用できます。

ネットを利用する上で最も気になる事の一つに通信速度制限がありますが、この速度制限を気にせずネットを利用できるのがこのプランの魅力です。

GMOとくとくBBによると、契約者の90%以上が選んでいるとのことで、多く利用者から支持されるプランであることがわかります。
ただし月間の通信制限はありませんが、3日で10GBまでの制限が設けられているので注意が必要です。

GMOとくとくBBの7GBプラン

GMOとくとくBB7ギガプラン画像

プラン名 7GBプラン
wifiテーブル画像
月額料金 1ヶ月目以降:3,609円
初月料金 3,609円の日割り

7GBプランは月間のデータ通信量が7GBまでのプランで、月間7GBを超過したら速度制限がかかります。

月間7GBまでというのは、普段からたくさんネットを使う人からすると厳しい制限かもしれません。

なので、毎日ネットを利用する方にはギガ放題プランが、ネットの利用は最低限にして月額料金をなるべく抑えたいという方はこの7GBプランがおすすめです。

どっちがお得?ギガ放題プランと7GBプランを比較してみた

比較の画像

プラン名 ギガ放題
wifiテーブル画像
7GBプラン
wifiテーブル画像
月額料金
(3年平均)
4,208円 3,609円
データ量 無制限
(3日で10GBまで)
月に7GBまで

上の表は、両プランを3年間契約した場合の平均月額料金です。7GBプランの方がギガ放題プランよりも月額平均600円ほど安いことがわかります。

しかし7GBの通信量は毎日ネットを利用しているとすぐに超過してしまうため、多くの利用者にとってはギガ放題プランの方がコスパは良いでしょう。

また、キャンペーンによりギガ放題プランが2ヶ月目まで、3,609円で利用できます。

この3ヶ月間のお試し期間をうまく使って、自分の通信量を見ながらその後の契約プランを検討できるようになっています。

ギガ放題プランと7GBプランは月単位で何度でも乗り換えられるので、普段はギガ放題プランで、ネット利用が少なくなりそうな月は7GBプランで料金を抑えるといった使い分けをするのもオススメです。

Point

ギガ放題プランは月間通信量が無制限

7GBプランはギガ放題プランより月平均600円ほど安い

ギガ放題プランの方がコスパは良い!

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBが安い理由!キャッシュバック・キャンペーンが凄い!

キャンペーン

GMOとくとくBBは、月額料金の面では他社よりも特別優れている訳ではありませんがGMOとくとくBBが支持される理由は、GMOとくとくBBが行っているキャンペーンにあります。

ここではそのキャンペーンについて、概要を詳しく解説します。

キャンペーン①:最大約3万円のキャッシュバック!

GMOとくとくBB WiMAXのMB画像

キャンペーン名 キャッシュバック特典
お金テーブル画像
キャッシュバック額 34,700円
注意点 11カ月目に送られてくる
メールを確認し申請

注:表示価格・内容は2020年4月30日現在の情報
GMOとくとくBBは、最大34,700円という破格のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

このキャッシュバックを受け取った際の合計費用で考えると、GMOとくとくBBは業界でも最安級のプロバイダと言えます。

キャッシュバックは、契約から11ヶ月目に送られてくるメールから振込先口座を登録すると受け取ることができます。

このメールの確認を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れないので、契約の際にカレンダー等に印をつけておく等して、忘れない工夫をしておきましょう。

また、キャッシュバック金額は利用端末によって異なることにも注意が必要です。WX06とクレードル(充電台)のセットのみ、キャッシュバック額は31,700円となっており、その他の端末でのキャッシュバックは全て34,700円となっています。

キャンペーン②:最新機種でも端末代0円!

お金の画像

キャンペーン名 全端末無料キャンペーン
お金テーブル画像
端末
下り最大通信速度
WX06:最大440Mbps
W06:最大1.2Gbps
HOME02:最大440Mbps
L02:最大1Gbps
注意点 特になし

GMOとくとくBBで利用できる端末は持ち運びが便利なモバイルルータータイプのW06や、コンセントに繋ぐだけで利用できるホームルータータイプのHOME02などがあります。

もう一つのキャンペーンでは、これら最新機種を含む全端末の端末代金が無料で利用できます。

通信速度は端末によって異なりますが、440Mbpsから中には1Gbpsを超える高速通信を行える端末もあり、これらの端末代金が全て無料で使えるのはとても魅力的です。

WiMAXの下り最大1.2Gbpsの条件
  1. WiMAX端末「W06」使用
  2. ハイスピードプラスエリアモードに設定
  3. ハイパフォーマンスモードに設定
  4. 4×4MIMO設定をオンにする
  5. 東京・埼玉・愛知・大阪のエリアのみ
  6. USB Type-Cでの有線接続

上記の通信速度は、あくまで最大通信速度なので地域や電波状況によって変動することを覚えていきましょう。

Point

3万円以上の高額キャッシュバック

キャッシュバックの受け取り忘れに要注意!

全端末の端末代金が無料で利用できる

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBの3つの主要オプションを確認しよう

確認の画像
GMOとくとくBBはオプションプランを用意しており、これらを活用することでより快適に利用できることもあります。

ここではそれぞれのオプションプランの内容と、各オプションがどんな人にオススメかを紹介します。

アール教授
3つの主要なオプションがあります!

オプション①:安心サポート

GMOとくとくBBのオプション画像

オプション名 安心サポート
サポート
安心サポートワイド
サポート
月額料金 300円
(最大2ヶ月無料)
500円
(初月無料)
故障時
負担額
修理費無料 修理費無料
対象 正常な使用状態で
故障した場合
正常な故障
水濡れ

WiMAXの端末が故障した際に、無料で端末を修理してもらえるオプションです。

端末保証オプションには、月額300円の安心サポートと、月額500円の安心サポートワイドがあります。

安心サポートは取扱説明書の注意書きに従って使用していたにもかかわらず、端末が故障した場合を対象に、無料で修理してもらえます。

安心サポートワイドは、上記安心サポートの対象に加えて、水濡れや端末が破損した場合も対象になります。

過去にスマートフォン等の機器が故障して高額な修理費用がかかった経験などがある方は、これらのオプションに加入しておくと安心して利用できるでしょう。

オプション②:公衆無線LAN

GMOとくとくBBのオプション画像

オプション名 公衆無線LAN
WiFiの画像(テーブル)
料金 月額362円
(最大2ヶ月無料)
利用場所 飲食店、駅
空港、バス、ホテル

公衆無線LANオプションは、カフェやホテルなどの街中でも最大で300Mbpsのネット通信を利用できるサービスです。このオプションのメリットは、対応エリア内であれば通信量を気にせずネットが使えることです。

高画質での動画視聴などの大容量通信をすると、ギガ放題プランを契約していたとしても3日で10GBまで制限にかかってしまうことがあります。

公衆無線LAN接続時の通信量は、WiMAXでの通信量には加算されないため、一切の制限なくネットが利用できます。

公衆無線LANの対応エリアは、飲食店であればスターバックスやルノアールなど、ホテルであれば東急ホテルやホテルニューオータニなど、全国のJR主要駅でも利用できます。

上記のような対応エリア内でのネット利用が多い方は、このオプションに加入することでよりお得にネットが利用できます。

オプション③:インターネット安心セキュリティ

GMOとくとくBBのオプション画像

オプション名 インターネット安心
セキュリティ
サポート
料金 月額500円
(1年間無料)
利用ソフト マカフィー
TrueKey

インターネットが普及して便利になる一方で、SNSアカウントの乗っ取りや、コンピュータウイルス等のインターネット被害が増えているのも事実です。

被害に遭うことを防ぐためには、各サービスへのログインパスワードを複雑化したり、いくつもパスワードを用意する必要があります。

このインターネット安心セキュリティはそういった手間を面倒に感じる人に役立つオプションで、ウイルス対策などのセキュリティに加えて、指紋認証や顔認証で各サービスへの自動ログインができるようになります。

最大で3台までの機器を登録できるので、自分のスマホやパソコンはもちろん、家族のネット利用をより安全にしたい方にオススメのオプションです。

Point

端末保証オプションで端末が故障しても安心

公衆無線LANは対応スポットで利用可能に

セキュリティオプションも充実

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBの解約金は安い?契約期間の縛りを確認!

確認の画像

プロバイダ名 GMOとくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
契約期間 3年
解約金 0〜12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
25ヶ月目以降:9,500円

GMOとくとくBBの契約期間は3年からです。解約金は、1〜12ヶ月目までは19,000円、13~24ヶ月は14,000円となっていて、25ヶ月目以降、契約更新月以外の解約金が9,500円となっています。

WiMAXの解約の際には「更新月に解約するのを忘れていた」というトラブルがよくあります。

更新月に解約の手続きを忘れていた場合は、3年間の契約が自動更新されます。

また、契約更新月以外の月に解約する場合には解約金がかかってしまうため、更新月を忘れないよう注意しましょう。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

その他の月額料金が安い人気WiFi3つを紹介!

紹介する女性
GMOとくとくBB以外にも魅力的なプロバイダがあるので、その中でもオススメのプロバイダを3つ紹介します。

アール教授
他のプロバイダと比較して、自分に合ったサービスを見つけましょう!

純粋な月額料金が安いカシモWiMAX

カシモWiMAXのMB画像

    特徴①端末無料キャンペーンあり
    特徴②純粋な月額料金が安い
    特徴③最短当日発送

カシモWiMAXは月額料金の安さが最大の魅力のプロバイダで、初月1,380円からWiMAXを利用できます。

GMOとくとくBBと同じように端末無料キャンペーンも用意されているため「契約初期でかかる費用をなるべく抑えたい」という方にオススメのプロバイダです。

カシモWiMAXの公式サイトへ

キャンペーンが豊富なブロードワイマックス

ブロードワイマックスのキャンペーン画像

    特徴①初期費用・端末無料キャンペーンあり
    特徴②月額料金が安い
    特徴③乗り換えサービスもある

ブロードワイマックスは、低額な月額料金で高速通信が利用できるコスパの良いプロバイダです。

ブロードワイマックスのキャンペーンでは通常約18,857円の初期費用が無料になり、また、これまで紹介したプロバイダと同じく端末代金も無料で利用できます。

料金プランは月間のデータ制限がないギガ放題プラン、月間の通信量が7GBまでのライトプランがあり、GMOとくとくBBと同じように、月単位で何度でもプランの変更が可能です。

Broad WIMAXの公式サイトへ

容量別に最適プランを選べるネクストモバイル

ネクストモバイルのMB画像

    特徴①端末代無料
    特徴②月額料金が安い
    特徴③安定のソフトバンク回線

ネクストモバイルは低額な月額料金で、20GB、30GBのプランから選ベるプロバイダです。

ネクストモバイルは、他のプロバイダでよくある「3日で10GBまで」といった日毎の通信制限がなく、月間容量を超えない限りは通信制限が発生しません。

ソフトバンク回線を使用していて、広いエリアで安定した速度のネット通信が可能となっています。

料金プランは20GBプラン、30GBプラン、自分に最適なプランが見つけやすいのが魅力ですが、契約期間中のプラン変更はできないので注意してください。

Point

純粋な月額料金が安いのはカシモWiMAX

コスパが高いのはブロードワイマックス

日毎の通信制限がないのはネクストモバイル

ネクストモバイルの公式サイトへ

GMOとくとくBBと他社のWiFiを3つの観点から比較!

比較の画像
これまで紹介したプロバイダはどれもオススメなのですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

アール教授
それぞれの特徴を比較すると、最適なプロバイダが見つかるはずです!

3年間の月額料金平均を比較

お金 画像

3年間の月額料金平均を比較しています
モバイル
Wi-Fi名
プラン名 月額料金
(3年平均)
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
4,208円
カシモ
WiMAX
カシモWiMAXのロゴ
ギガ放題
新端末
プラン
3,723円
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
3,648円
ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
20GB
プラン
2,580円
30GB
プラン
2,880円

注:表示価格・内容は2020年4月30日現在の情報
後述しますが、プロバイダによって契約期間が多少異なります。上の表は各プロバイダにおける3年間の月額料金の平均金額です。

全体で比較すると、ネクストモバイルの20GBプランが2,580円で最安であることがわかりました。月間の通信量が20GB未満の方はこのプランで契約すると月額料金がお得です。

月間の通信量制限がない各社のプランを比較すると、ブロードワイマックスのギガ放題プランが月額3,648円で最安という結果になりました。

「通信量を気にせず、最安の月額料金でネットを利用したい」という方にはネクストモバイルの20GBプランがオススメです。

ネクストモバイルの公式サイトへ

通信速度を比較

通信速度画像

通信速度を比較しています
モバイル
Wi-Fi名
プラン名 下り最大
通信速度
データ量
GMOとくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
全国:440Mbps
一部地域:1.2Gbps
10GB/3日
カシモWiMAX
カシモWiMAXのロゴ
ギガ放題
新端末
プラン
全国:440Mbps
一部地域:1.2Gbps
10GB/3日
Broad WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
全国:440Mbps
一部地域:1.2Gbps
10GB/3日
ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
20GB
30GB
150Mbps なし※

※:月間容量を超えた場合に通信制限がかかる
月間の通信量が無制限のプランにおける端末性能を比較すると、WiMAX3社は最大通信速度440Mbps、一部地域、各種設定で最大1.2Gbps、通信量は実質無制限、3日で10GB以上使用で通信制限となっています。

WiMAXの下り最大1.2Gbpsの条件
  1. WiMAX端末「W06」使用
  2. ハイスピードプラスエリアモードに設定
  3. ハイパフォーマンスモードに設定
  4. 4×4MIMO設定をオンにする
  5. 東京・埼玉・愛知・大阪のエリアのみ
  6. USB Type-Cでの有線接続

ネクストモバイルに限り通信速度が最大150Mbpsと他社より低いですが、その代わり「3日で10GBまで」の制限がありません。

「通信速度はそこそこで良いから日ごとの制限を気にせずネットを使いたい」という方はネクストモバイルが、「できるだけ高速な通信速度を利用したい」という方は他のプロバイダを検討すると良いでしょう。

Broad WIMAXの公式サイトへ

カシモWiMAXの公式サイトへ

契約期間・違約金を比較

解約申し込み書の画像

契約期間・違約金を比較しています
モバイル
Wi-Fi名
解約金 契約年数
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
0〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目:14,000円
25ヶ月以降:9,500円
3年
カシモ
WiMAX
カシモWiMAXのロゴ
0〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目:14,000円
25ヶ月以降:9,500円
3年
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
0〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目:14,000円
25ヶ月以降:9,500円
3年
ネクスト
モバイル
ネクストモバイルのロゴ
0〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目:14,000円
26ヶ月以降:9,500円
2年

契約期間については、GMOとくとくBB、カシモWiMAX、ブロードワイマックスの3社は3年から、ネクストモバイルは2年から契約ができます。

解約金はどのプロバイダでも契約更新月以外では解約金がかかるので、必ず更新月を確認を忘れないように注意が必要です。

また、GMOとくとくBBとブロードワイマックスは契約期間内で自由にプランを変更できますが、ネクストモバイルはプラン変更ができません。

月ごとの自分の通信量を把握している人はGMOとくとくBBかブロードワイマックスを、「実際に利用しながら最適なプランを見つけたい」という人はネクストモバイルを検討すると良いでしょう。

Point

月額料金の平均はネクストモバイルが最安

通信速度ならWiMAX

どのプロバイダも更新月以外は解約金が発生

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

総括:GMOとくとくBBはキャッシュバックを受け取れると抜群に安い!

GMOとくとくBBのMB
記事の前半部分でも説明した通り、GMOとくとくBBの最大の魅力は高額キャッシュバックで、キャッシュバックを含めた総合費用の安さが、GMOとくとくBBが選ばれる大きな理由です。

ただしキャッシュバックの受け取りには、1ヶ月後に届くメールを確認するという手間がかかるのも事実。

そういった手間が気にならず「キャッシュバックを受け取って、総合費用を安く抑えたい」という方はGMOとくとくBBがオススメです。

どのプロバイダもそれぞれに特徴があるので、自分の利用スタイルに合ったものを選んで頂けたら幸いです。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

プロバイダー運営実績20年以上!GMOとくとくBB

GMO WiMAXの画像
GMO WiMAXの画像
プロパイダGMOとくとくBB WiMAX
月額料金月額3,609円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★★
特徴・高額キャッシュバック
・高速通信
・工事不要
キャンペーン・30,000円キャッシュバック
・端末代0円
・専用クレードル0円
・20日以内キャンセル0円

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトへ

GMOとくとくBBのQ&A

 
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

簡単です。 WiMAX 2+端末機器に同梱のSIMカードをセットして電源を入れたら、通信を行いたい機器の設定をするだけです。 設定マニュアルも同梱してあるのでご安心ください。

プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しております。

通常4営業日以内に順次発送いたします。 お選びいただく端末機器によっては、平日15時30分、土日祝日14時までのお申込み完了で「即日発送」も可能です。 ご利用可能な場合にはお申込み手続き内の「WiMAX端末の発送方法をご選択ください」の欄にてご確認ください。

お支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなっております。 クレジットカードをお持ちでないお客さま向けに、クレジットカードが同時に発行できるキャンペーンも実施中です。

スマートフォンのキャリアに関係なく「Wi-Fi」を受信できる機器であれば、スマートフォン・PC・タブレット・ゲームなどでご利用可能です。

引用元:GMOとくとくBB WIMAX公式HP https://gmobb.jp/lp/gentei8/

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報

項目基本情報
プロパイダ名GMOとくとくBBのロゴ
月額料金月額3,609円~
使えるデータ容量ギガ放題プラン:無制限
通常プラン:7G
提供端末W06、WX05、W05
L02、WiMAX HOME 01、L01s
支払い方法クレジットカード
総合評価★★★★★
au スマートバリュー mine適用可
auスマホ最大1,000円割引
会社名GMOインターネット株式会社

GMOとくとくBB-WiMAXカテゴリの最新記事