どんなときもWiFiとWiMAXってどっちがおすすめ!それぞれの特徴をご紹介

どんなときもWiFiとWiMAXってどっちがおすすめ!それぞれの特徴をご紹介
どんなときもWiFiとWiMAXってどっちがおすすめ!それぞれの特徴をご紹介

どんなときもWiFiとWiMAXってどっちがおすすめ!それぞれの特徴をご紹介

アール教授

初めまして!アールです。ネット回線やWi-Fiの難しい情報をわかりやすく皆さんに伝えていきます。

大手キャリア取って変わるお安くお手軽な通信方法としてモバイルWi-Fiが今注目ですね。

そんな中で利用者数が非常に伸びているのがWiMAXやどんなときもWiFiです。

そこで今回はこれら2つの特徴やオススメポイントを示しつつ、比較をしていきたいと思いますので購入を検討中のあなたはぜひ最後まで読んでみて下さい。

どんなときもWiFiの公式サイトへ

どんなときもWi-Fi_ロゴ
どんなときもWi-Fiの画像
プロパイダどんなときもWi-Fi
月額料金月額3,480円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★
特徴・ネットが使い放題
・120ヵ国以上で利用可
キャンペーン・2年間月額料金割引

どんなときもWi-Fi

どんなときもWiFiとWiMAXの特徴を紹介

紹介する男性

アール教授
どんなときもWiFiとWiMAXの特徴をそれぞれ見ていきましょう!

どんなときもWiFiの特徴

特徴の画像
どんなときもWiFiは、どんなときも、どこでも使える新ジャンルのモバイルWi-Fiです。

どんなときもWiFiには4つの特徴があり、どの特徴もどんなときもWiFiならではの特徴で魅力的です。

どんなときもWiFiの魅力的な特徴を具体的なデータとともに紹介します。

トリプルキャリアネットワークを利用

どんなときもWiFiのトリプルキャリア
一般的なWiFiルーターでは、端末のSIMカードが対応している通信回線しか使えないため、その回線に不具合が起きた場合や圏外になった時には利用できません。

どんなときもWiFiでは、SIMに制限されることなくSoftbank・au・docomoのトリプルキャリアネットワークを使用できるため、幅広いエリアで安定して通信サービスが利用できます。

通信制限が一切ない

通信(スマホ)

対応エリア 全国
人口
通信制限 完全になし
通信速度 ・下り最大:150Mbps
・上り最大:50Mbps

一般的なWiFiルーターでは、主に2つの通信制限があり、どちらかの制限が設けられていることがほとんどです。

1つ目は、月間制限という契約しているプランに設定されている月間のデータ容量を超えて使用した場合に通信制限が掛かる場合です。

2つ目は、ヘビーユーザー規制という3日間の累計使用量が10GBを超えて使用した場合に通信制限が掛かる場合です。

どんなときもWiFiでは月間制限やヘビーユーザー規制などの通信制限を一切設けていないので、データ容量を心配することなく使用することができます。

海外利用も一つで完結

どんなときもWiFiの海外利用についての画像

どんなときもWiFiでは、海外で利用する時の面倒な手続きや専用端末のレンタルの必要がなく、簡単な設定を行い持って行くだけで利用することができます。

海外利用時は別途料金が掛かることと、高速通信は1GB までとなっており、1GBを超えた場合には通信制限が掛かってしまう点に注意が必要です。

端末はレンタル

どんなときもWiFi端末の接続画像
どんなときもWiFiでは、新品の端末を無料でレンタルしているため、別途端末代金が必要なく、契約している料金プランの価格だけで利用することができます。

レンタルのため解約時には返却する必要があり、返却期限までに返却されない場合や返却時に故障していたり不備があった場合には追加料金が掛かってしまうので注意が必要です。

WiMAXの特徴

特徴の画像

WiMAXの特徴を、どんなときもWiFiとの違いを比較しながら紹介します。

アール教授
WiMAXには、どんなときもWiFiとはまた違った4つの特徴があります。

WIMAXプロバイダが多数

プロバイダーの画像

WiMAXは、大元のUQ WiMAXだけではなく、多数の提供しているプロバイダがあります。

プロバイダとは、回線をインターネットに繋げる事業者のことです。

UQ WiMAXで直接契約することもできますが、プロバイダごとに初期費用や月額料金の違いキャンペーンがあるので、比較しながらより自分に合ったものを選ぶことができます。

通信速度が非常に速い

通信速度の画像

地域 通信速度
(下り)
全国
地図テーブル画像
最大440Mbps
一部地域
地図テーブル画像
最大1.2Gbps

WiMAXの通信速度は下り(受信・ダウンロード)で全国最大440Mbpsです。

一般的に快適に利用できる通信速度はオンラインゲームで下り100Mbpsと言われているので、かなり通信速度が速いと言えます。通信速度が速いと、データ量の多いアプリやファイルをダウンロードする時にストレスなくダウンロードすることができます。

また、端末によっては一部地域で下り最大1.2Gbpsの高速通信が可能となっています。

WiMAXの下り最大1.2Gbpsの条件
  1. WiMAX端末「W06」使用
  2. ハイスピードプラスエリアモードに設定
  3. ハイパフォーマンスモードに設定
  4. 4×4MIMO設定をオンにする
  5. 東京・埼玉・愛知・大阪のエリアのみ
  6. USB Type-Cでの有線接続

通信速度はあくまで最大速度なので、エリアや電波状況によって変動することを覚えておきましょう。

月額料金が安くキャンペーンも豊富

キャンペーン

回線 WiMAX
WiMAXの画像(テーブル)
光回線
wifiテーブル画像
月額料金 3,000~4,000円 4,000~6,000円
工事費 なし 2万円前後
キャッシュ
バック
あり※ あり

※:プロバイダによって異なる

WiMAXは光回線よりも月額料金が安く、最大3000円の差があります。

光回線は契約時に工事が必要であるため工事費も掛かってしまいますが、WiMAXは工事が不要なため工事費も掛かりません。

プロバイダごとに様々なキャンペーンがあるので、自分に合ったお得なプランを利用すればさらに実質費用を抑えることができます。

データの利用制限がある

通信制限の画像

プラン ギガ放題プラン
wifiテーブル画像
通常プラン
wifiテーブル画像
月のデータ量 実質無制限 7G
制限内容 3日で10GB使用 月で7GB使用

WiMAXは、どんなときもWiFiとは違い、データの利用制限があります。

月間制限は実質無制限ですが、ヘビーユーザー規制は設けられています。

10GBを超えた場合でも、翌日18時頃までおよび、翌々日2時頃以降は速度制限なくご利用いただけます。また、翌日18時頃から翌々日2時頃の間も、概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)でご利用いただけます。

出典:通信制限ーUQ WIMAX

ヘビーユーザー規制は月間制限よりも利用制限が掛かりにくいですが、長時間の動画視聴やオンラインゲームをする方は注意が必要です。

Point

どんなときもWiFiは通信制限なし

WiMAXは通信速度が速い

WiMAXは月額料金が安い

どんなときもWiFiくらいおすすめ!WiMAXプロバイダ2選を紹介

紹介する男性画像

どんなときもWiFiと同じくらいおすすめのWiMAXで、特におすすめのプロバイダ2選を紹介します。

アール教授
どんなときもWiFiもおすすめですが、WiMAXもおすすめです!

実質料金が非常に安い!GMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAXのMB画像

    特徴①高額キャッシュバック
    特徴②月額料金が安い
    特徴③最短即日発送

高額キャッシュバックを実施しており、端末代金分が全額キャッシュバックされるので、実質端末代金無料となっています。

月額料金が安く、UQ Mobileユーザーやauスマートフォンユーザーには月額料金の値引きがあるので、かなりお得です。

UQ Mobileは格安スマホでかなり安く、UQ Mobileとの組み合わせはWiMAXの月額料金値引きも一番大きいので、通信費にあまりお金を掛けられない学生の方には特におすすめです。

申し込みに不備がなければ端末を最短即日で発送しており、端末が届いたら簡単な設定をするだけで利用できるので便利です。

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

乗り換えキャンペーン実施中!Broad WiMAX

ブロードワイマックスのキャンペーン画像

    特徴①解約違約金負担
    特徴②月額料金が安い
    特徴③いつでも解約サポート

他社のインターネットサービスを利用中でBroad WiMAXに乗り換える場合、利用中のインターネットサービスの解約違約金を負担してくれます。

月額料金が安く、ギガ使い放題プランでもライトプランでも一定期間は割引が適用されるので、月額料金を抑えることができます。

ギガ使い放題プランとライトプランのプラン変更も可能なので、ギガ使い放題プランの割引期間が終了したらライトプランに変更してさらにお得に利用することもできます。

いつでも解約サポートというのを行っており、通信サービスで満足できずに他社に乗り換える場合、違約金負担なしでBroad WiMAXが紹介する回線に乗り換えることができます。

Broad WIMAXの公式サイトへ

どんなときもWiFiやWiMAXがおすすめな人

指を立てる男性

どんなときもWiFiにもWiMAXにもそれぞれ違った特徴があり、どちらがおすすめなのかは人それぞれです。

アール教授
どんなときもWiFiやWiMAXはどんな人におすすめなのか見ていきましょう!

どんなときもWiFiがおすすめな人

どんなときもWiFi端末のデザイン画像

  • データが完全無制限で使いたい人
  • 海外でも簡単に使いたい人

データが完全無制限で使いたい方には、通信制限を設けていないどんなときもWiFIがおすすめです。

月間制限もヘビーユーザー規制も設けられていないので、オンラインゲームや動画視聴が好きなでよく通信制限が掛かってしまう方には特におすすめです。

海外でも簡単に使いたい方には、面倒な手続き不要で簡単な設定だけで海外での利用ができるどんなときもWiFIがおすすめです。

海外旅行が好きな方や海外出張が多く現地でインターネットを利用したい方には特におすすめです。

WiMAXがおすすめな人

確認の画像

  • 高速通信をしたい人
  • 実質料金を安くしたい人

高速通信をしたい人には、全国最大440Mbpsでの通信が可能なWiMAXがおすすめです。

ストレスなくインターネットを楽しみたい方には特におすすめです。

実質料金を安くしたい人には、月額料金が安く、工事費不要でキャッシュバックキャンペーンが充実しているWiMAXがおすすめです。

通信費にあまりお金を掛けられない学生の方や節約中の主婦の方には特におすすめです。

Point

GMOとくとくBBなら高額キャッシュバック

Broad WiMAXは乗換解約違約金を負担

WiMAXは通信速度が速い

どんなときもWiFiとおすすめのWiMAXを比較

比較の画像
どんなときもWiFiとWiMAXの具体的な違いを知ることで、どちらの方がより自分に合っているのか知ることができます。

どんなときもWiFiとおすすめのWiMAXのプロバイダの違いを内容別に比較していきます。

キャンペーン内容を比較

比較の画像

プロバイダ キャンペーン内容
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
・端末レンタル代金0円
・月額料金割引※¹
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
・最大31,500円キャッシュバック
・端末代金0円
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
・端末代金0円
・乗り換え解約金負担
・初期費用割引
・1万円キャッシュバック※²
(新規2台同時申込)

※¹:クレジットカード払いの方のみ適用
※²:表示価格・内容は2020年8月13日現在の情報

どんなときもWiFiでは端末代金0円キャンペーンを行っており、端末はレンタルとなります。

初期費用をできるだけ抑えたい方には端末代金0円キャンペーンはおすすめです。

GMOとくとくBBでは高額キャッシュバックキャンペーンを行っており、実質料金負担を軽減できます。また端末代金が0円なので初期費用を抑えることができます。

キャッシュバックなので一旦支払う必要がありますが、最終的な費用を抑えたいという方にはおすすめのキャンペーンです。

Broad WiMAXでは端末料金0円キャンペーンや乗り換え解約金負担、初期費用割引などのキャンペーンを行っており、利用者のニーズに合わせてお得に利用することができます。

他社からの乗り換えを検討している方や、様々なキャンペーンを組み合わせて最終的な費用を抑えたい方にはおすすめです。

通信速度を比較

通信速度画像

モバイル
Wi-Fi名
下り最大
通信速度
データ量 通信制限
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
150Mbps 無制限
(完全)
なし
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
全国:440Mbps
一部:1.2Gbps
無制限
(実質)
10G/3日
Broad
WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
全国:440Mbps
一部:1.2Gbps
無制限
(実質)
10G/3日

どんなときもWiFiでは通信速度は下り最大150MbpsとWiMAXのプロバイダに比べて遅めですが、データ量が無制限で通信制限がありません。

オンラインゲームや動画視聴が好きでよく通信制限が掛かってしまうという方には、通信制限を気にすることなく利用することができるのでおすすめです。

GMOとくとくBBやBroad WiMAXでは下り最大440Mbps、また端末によっては最大1.2Gbpsと高速通信が可能ですが、通信制限でヘビーユーザー規制が設けられているので、使いすぎには注意が必要です。

一度に大量にデータ通信を行うことはあまりないけど、通信速度は速い方がいいという方にはおすすめです。

月額料金平均・実質費用を比較

お金の計算をする男性の画像

モバイル
WiFi
プラン名 月額料金
(3年平均)
実質料金
(3年間)
どんな
ときもWiFi
どんなときも WiFiのロゴ
データ放題
プラン
3,632円 133,780円
GMO
とくとくBB
GMOとくとくBBのロゴ
ギガ放題
プラン
4,208円 123,006円
Broad WiMAX
Broad WiMAXのロゴ
ギガ放題
プラン
3,537円 127,341円

注:実質費用=3年月額合計+事務手数料+端末代-CB

どんなときもWiFiはデータ放題プランの1種類のみで、月額料金平均はGMOとくとくBBよりも安いですが、3年間実質費用は一番高くなっています。

GMOとくとくBBは、月額料金平均は一番高いですが、キャッシュバックにより3年間実質費用は一番安くなっています。Broad WiMAXは、月額料金平均は一番安いですが、3年間実質費用はGMOとくとくBBよりも高くなっています。

シンプルな料金プランならどんなときもWiFi、3年間実質費用ならGMOとくとくBB、月額料金平均ならBroad WiMAXがおすすめです。

Point

WiMAXはキャンペーンが充実

通信制限で選ぶならどんなときもWiFi

高速通信で選ぶならWiMAX

どんなときもWiFiの公式サイトへ

GMOとくとくBB WIMAXの公式サイトへ

Broad WIMAXの公式サイトへ

総括:完全無制限ならどんなときもWiFi、キャンペーンならWiMAX

比較の画像

アール教授
どんなときもWiFiにもWiMAXにもそれぞれ違った良さがありますね!

どんなときもWiFiは、通信制限が一切なく、無制限でネットワークを利用することができます。

トリプルネットワークを利用することができるため、安定した通信サービスが可能であることも特徴です。

WiMAXは通信速度が速く、ストレスフリーで利用することができます。月額料金が安くてキャンペーンが豊富であることも魅力的です。

無制限でネットワークを利用したい人にはどんなときもWiFi、通信速度の速さやキャンペーンで実質料金を抑えたい人にはWiMAXがおすすめです。

自分に合ったものを選んで、快適なネットを楽しみましょう!

どんなときもWiFiの公式サイトへ

どんなときもWi-Fi_ロゴ
どんなときもWi-Fiの画像
プロパイダどんなときもWi-Fi
月額料金月額3,480円~
機種代金0円
WiMAX評価★★★★
特徴・ネットが使い放題
・120ヵ国以上で利用可
キャンペーン・2年間月額料金割引

どんなときもWi-Fi

どんなときもWiFiカテゴリの最新記事